2008.12.03

京都検定でもオバマが出るはずだ

12/1(月)はれ

  12月に入った。いやだ。まだ今年を終えたくない。

  大谷大学に出講。また伏見城下町のはなし。伏見を愛してやまない。

  いそいで帰って、K談社のメルマガの原稿にむかう。が、夜の仕事の時間がきてしまった。とどめがさせなかった。

 JR東海のみなさんに京都の歴史ばなしをする「きなこの会」に出講。京都検定がちかいので、京都検定クイズを出しまくる。きっと1問以上出ると思われる。

 今年は「オバマ」の年だから、若狭小浜(おばま)屋敷に住んでいた将軍は誰だ、なんて問題が出るぞとか、かなりおかしなこともいう。

 おそい時間になったので、寄り道せずに帰宅。朝、カレーがつくってあることにきづいたので、出掛けに米をすこし多めに炊いておいた。

 帰ってから温めていて驚いた。カレーじゃなくてビーフシチューだった。こんなに米いらんやん。

 明日は焼き飯でもしないと、米が減らない。

|

2008.07.08

風邪から復帰

7/7(月)はれ
 救援部隊が持参した薬を定期的に飲んだためだろう。
 復調してきた。

 朝1番、大谷大学。
 堀川と小川の旧河道をさがしてもらう。

 地図を読めない子が意外に多い。
 そもそも方位がわからんらしい。
 そこから指導すべきだったか。

 終了後、ブランチをしながら、某原稿に立ち向かう。
 またT京R馬会のM川M理子氏をわずらわせた。 
 いつもなんでも助けてくださる。ありがたくってしかたがない。

 K都国立博物館のM川T一先生にお電話。
 某写真の掲載についてお問い合わせする。

 ひきつづきK都府立総合資料館に行く。
 あいにくM田M智子氏不在。

 みたかったもの、すべて岡崎の府立図書館に移管されていた。
 府立資料館(鴨川沿い北山通東入ル)と図書館がまったく別地区にある、困るなあ。
 しかも今日は府立図書館休み。
 なんにもせず、出る。

 F島氏を拝顔し忘れた。

 旧K野郡H塩小路村に行き、某所(ぎりぎり下京かなあ)で学習する。
 某原稿、すすむ。

 午後6時半、きなこの会。
 応仁の乱のはなしをする。
 
 きたる11月2日(日)午前中、篤姫ゆかりの地と推定される、東福寺即宗院で講義・拝観イベントの予定がある。その件で、きなこの会メンバーT島さんと打ち合わせ。

 夜は夜で家で用事。
 健康が1番だ。

|

2008.01.19

なぜ歴史地理かを問うて「きなこ」をつくった

1/18(金)はれ
 朝1番、同志社大学に出講。
 本日、本年最終講義。

 なんとか最後まとまった。
 ほっとした。
 1年間、楽しい時間をすごさせていただいた。
 熱心な受講生に心より感謝いたします。

 午後から天理大学へ。

 こちらは早くも今日試験。
「歴史研究における歴史地理の役割」を問うた。

 難しかったようですが、ざっと答案をみて、いい問題だったと思った。
 解答が実にバラエティに富んでいた。
 秀でているもの、そうでないもの、一生懸命なもの、そうでないものなど極端にわかれた。
 
 講義中、とくに答えをいわなかったから。
 講義内容から考えてもらう方針をとったから。

 採点が楽しみだ。

 京都駅にもどってきて、JRT海のK氏と会う。
 お久しぶりです。

 来年度から月々、K氏の部署の方々に京都の話をせよといわれる。
 気持ちのよいひとで、恩もあるのでお引受けした。

 帰ってから「きなこの会」となづけた。
 命名の由来はないしょ。

 せいぜい「手品」のたねあかしをしようと思う。  

|

2005.06.12

JR東海「そうだ 京都、行こう。」イベントの打ち合わせ

P4280022

 6/9(木)はれ、午後からJR京都駅で、JR東海「そうだ 京都、行こう。」デスクの2人のKさんと会いました。
 来る10月、第1回「京都の歴史地理入門」というイベントを行います。
 その打ち合わせです。
 タイトルは「石碑のまち 八幡」。

 京都府八幡市には1920年代、約140ものおびたたしい石碑が建てられました(写真はその1つ)。
 出資者は個人です。
 京都西陣織の帯商、三宅清治郎です。

 三宅の出資金を使い、八幡の郷土史家、西村芳次郎なる人物が、自分の思いをこめて各所に建碑していきました。
 その結果、八幡にはある特定の歴史像が誕生したのです。

 建碑によって史蹟空間はつくられます。
 これを実証することが、いま僕の1番エネルギーをこめているテーマです。
 
 そのお話を現地でいたします。
 
 昼間から、冷たくにがい飲み物を、たらふく頂きました。
 ありがとうございました。幸せでした。

 夜は、京都新聞にリレー連載中の「カッパが語る京の水」(金曜日夕刊3面)の校正原稿をメールで返す。
 あとは掲載前々日に到着する最終稿をチェックするだけです(6/17掲載予定)。

| | コメント (0)