2015.07.23

幕末研究、いま思っていることを書き出してみた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 幕末、文久・元治期の研究で生涯終えそうな。

 板倉筑前介の解明もその一環だし、知足院夢覚も結局は土佐山内家の洛東大仏居所をめぐる楢崎将作遺族の動向を知りたいという欲求につながっている。

 寺島忠三郎に関心を持ち出したのも、八月十八日政変後から甲子戦争(所謂禁門の変)に至る京都政局の中枢にいるわりに(古高俊太郎をスカウトし、有栖川宮家と毛利家の交流に関わっているほか、久坂義助の代わりに来島又兵衛とともに山口へ進発実現説得に向かったなど)、伝記のひとつもない人物で未だつかみきれていないところと気づいたから。

 政変以後の京都留守居役、乃美織江も気になっているのだけれど、いまだ放置状態。

 もちろん洛中惣構も。

 幕末期、京都は大きく土居堀に囲まれていた。そういった景観をほとんど意識されず幕末京都は語られている感が強い。長州が京都に攻め込んだとき、北・西・南は連続した竹藪に囲まれていた。兵はその出入口しか通れなかった。どこからでも攻め込めたわけではない。これも具体的な像を提示しておかないといけない。これなどは急務のひとつといえる。2012年の軍事史学会例会で報告ずみなのだが、まだ活字にできていない。

 在京浪士の組織化の問題も。結果として新選組のみで維持される京都守護職下の浪士であるが、もとは関東の浪士集団ではなく、上方でも組織される予定だった。その挫折とそのころ起きた某事件はつながりがあるのではないかという見込み。このあたりも語るばっかりで活字化できていない。

 いや、2012年秋の維新史学会大会での「池田屋事件再考」の成稿が最も急務。三宅碑論文と同様、ほぼできているのだから。まずい。

 政治的主要人物の居所と行動論もつづけなければ。木屋町通の長州人の居所特定(「路次」位置の復元)作業がまだ途上。昨年の「元治元年から150年」講演会で一部を公開した坂本龍馬の居所表はほぼ完成している。この成稿も急務。これを久坂玄瑞だの、寺島忠三郎だのと増やして行きたいところ。

 いちおういま何を考えて何をしているのか、一部を書き出してみた次第。

|

2015.07.11

『角倉一族とその時代』が届く

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 昨日、森洋久氏編『角倉一族とその時代』(思文閣出版)の献本が拙宅に来る。待ちに待っていた。

 めっちゃ分厚い。この値段はやむをえない。この大著に拙稿「御土居藪と角倉与一」を掲載いただいたことを光栄に思う。

|

2015.06.18

『角倉一族とその時代』、その後

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 森洋久氏編『角倉一族とその時代』(思文閣出版)、アマゾンでは6月15日刊行予定から7月10日に変わっていた。

 思文閣出版のホームページでは、未だ6月刊行予定とある。どちらが事実だろう。執筆者ですが、知りません。

|

2015.06.16

『角倉一族とその時代』未刊

 ※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 本年6月15日、森洋久氏編『角倉一族とその時代』(思文閣出版)が刊行されるとアマゾンに告知されているので、昨日大型書店2軒廻ったが、見当たらなかった。拙稿「御土居藪と角倉与一」が収載されている。

 家に帰っても見本が届いていなかったので、未だ刊行されていないようだ。思文閣出版のホームページにも未刊とあったし。

|

2015.03.27

「幕末期政治的主要人物の京都居所考」

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

Photo_4


昨日、御厨貴・井上章一編『建築と権力のダイナミズム』(岩波書店、3300円+税)が刊行されました。http://www.amazon.co.jp/%E5%BB%BA%E7%AF%89%E3%81%A8%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E3%81%AE%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%A0-%E5%BE%A1%E5%8E%A8-%E8%B2%B4/dp/4000228005

 僕も「幕末期政治的主要人物の京都居所考―土佐・長州・薩摩を中心に」を寄せています。

 昨秋の明治維新史学会関西例会での報告を文章化したものです。坂本龍馬の大仏居所をはじめ、久坂玄瑞、西郷隆盛、小松帯刀などの京都居所の位置と論理を検討いたしました。

|

2013.02.01

「土方歳三小論」を寄稿しました

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 昨日刊行の『新撰組と土方歳三』(徳間書店、750円)に、「土方歳三小論―その個性解明の試み」を寄稿しました(21-24頁)。

 本人の書翰にもとづき、「新選組」としてひとくくりにするのではなく、一政治家としてのその個性のあぶりだしに挑戦しました。

http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E6%92%B0%E7%B5%84%E3%81%A8%E5%9C%9F%E6%96%B9%E6%AD%B3%E4%B8%89-Town-Mook/dp/4197103360/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1359677161&sr=1-2

 編集部の判断で、固有名詞などの「選」が「撰」に改められています。ご容赦ください。

|

2013.01.05

風邪から土方歳三論

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 1月4日(金)早朝、ついに熱があがる。嘔吐感はないので、伝染したわけでもなさそう。

 すでに治っている家族とともに僕の親元に行く。妹夫婦も来。7人そろったのは初。この過程でなぜか風邪の症状おさまる。あれ。

 1月5日(土)起床時、もっとよくなっている。本日からかかりつけの医院開業。さっそく行き診察を受け投薬される。きっとこれで治るだろう。

 「土方歳三小論」に悩みつづけ。督促が来ている。オリジナルでないと許せない性がつらい。

 夏刊行予定の単著(新書)、『幕末政治史のなかの新選組』(仮タイトル)の踏み台にしたいとがんばっている。

|

2012.07.24

拙稿の載った『歴史読本』本日発売

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

『歴史読本』(新人物往来社、東京、1090円<税込>)は本日発売です。

 特集「新選組、京都15大事件の謎」です。同誌8年ぶりの新選組特集です。

 拙稿「学術対象としての池田屋事件」も載っています。昨秋刊行の拙著『池田屋事件の研究』(講談社現代新書)でふれ漏らしたことも少し記しました。

 桐野作人さんや鶴巻孝雄さんのご論文も掲載です。ぜひご覧ください。

|

2011.12.25

京都新聞読書欄に『池田屋』が掲載される

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 2011年12月25日(日)

 本日の『京都新聞』朝刊「読書」欄「新刊の本棚」に、拙著『池田屋事件の研究』(講談社)が掲載されました(19面)。

 「なじみ深い事件が、いかに研究対象とされてこなかったか、に驚かされる。幕末史ファンには必読の一冊」とあります。書評子さま、ありがとうございました。

|

2011.12.09

明治維新関係では9位です

 アマゾンの明治維新本では、9位まで来ました。ありがとうございます。

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/b/561464/ref=ib_pg_1_2

|

より以前の記事一覧