2012.12.21

聚楽城内堀石垣32m検出【現地説明会】

 ※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 聚楽城の内堀のものと推定される石垣が東西約32m検出されました。

 これまでの聚楽城の発掘調査で、ここまで大規模に遺構が検出された例はありません。

 現地説明会は以下です。ご参加なさってはいかがでしょうか。

                記

日時:2012年12月24日(月)午前10時~

場所:京都市上京区上長者町裏門東入ル須浜町

主催:公益財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センター

|

2012.09.15

【現地説明会】寺戸大塚古墳(京都市西京区)

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください

 財団法人京都市埋蔵文化財研究所から、寺戸大塚古墳の現地説明会の案内がまいりました。以下に掲示いたします。

以下。

各位

 日頃は当研究所の事業について御理解、御協力を賜り誠にありがとうございます。

8月より発掘調査を進めてまいりました、寺戸大塚古墳の発掘調査において、後円部と

前方部で墳丘の葺石や埴輪列を確認いたしました。

つきましては、下記のとおり現地説明会を開催いたしますので、お知らせいたします。

                     記

日 時:平成24922日(土) 午前1030分~1200

    (当日、午前7時現在京都府南部に気象警報が発令されている場合は中止)

場 所:京都市西京区大枝南福西町2丁目

問合先:現場事務所 電話 090-1969-5286

交 通:阪急京都線「桂」駅下車

    京都市バス「桂駅西口」から西3・8番「洛西バスターミナル」行きで

    約15分「南福西町2丁目」下車、徒歩約10

注 意;駐車場がありませんので、送るまでのご来場はご遠慮下さい。

なお、詳細は http://www.kyoto-arc.or.jp/ にてご確認下さい。

                          京都市埋蔵文化財研究所

|

2012.03.05

【現地説明会】法住寺殿跡の南限

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 (財)京都市埋蔵文化財研究所から以下のご連絡をいただきました。後白河法皇の宮殿「法住寺殿」跡の南限地域です。実にタイムリーですね。

各位

㈶京都市埋蔵文化財研究では今年1月より法住寺殿跡

(元京都市立一橋小学校)において発掘調査を実施

しています。

その結果、法住寺殿最勝光院のものとみられる、

平安時代後期の整地層や建物基壇跡及び整地層下層

で大規模な濠跡を発見しました。

つきましては、発掘調査現地説明会を下記のとおり

開催いたしますので、お知らせします。

           記

1.日時:2012310日(土)午前10時から11

(当日午前7時現在、京都府南部に気象警報が発令されている場合は中止)

2.場所:京都市東山区本町通10丁目下池田町(元京都市立一橋小学校)

3.問合せ先:現場事務所 Tel.080-5325-5851(当日のみ)

4.交通:JR・京阪電車「東福寺」駅から北北東約300m

     市バス「泉涌寺道」から(泉涌寺道を)東北東約200m

です。

なお、詳細は当研究所HP

http://www.kyoto-arc.or.jp/

にてご確認下さい。

                  ㈶京都市埋蔵文化財研究所

|

2007.06.25

平安京西堀川跡をみた

6/23(土)はれ
Dcf_0553

 午前11時前、西大路通五条交差点につく。
 京都市埋蔵文化財研究所の調査で「西堀川小路」が検出された。その現地説明会に参加した。
 「西堀川」跡の北側は、現在の紙屋川〈天神川〉に相当する。
 
 僕の「世界」で大発見があった。
 なさけない。
 なんで今日まで気づかなかったか、というぐらい「あたりまえ」のこと。

 だから拙著『御土居堀ものがたり』にも書かなかった。
 「次」に書こう。
 この研究の「明日」がみえてとてもうれしかった。

 ついで西大路御池にむかう。

 カラオケやバッティングセンターを経営していたビルがこわされた。
 20年の想い出のある建物。
 実はそれはどうでもよい。

 その東隣地が「市五郎神社」。
 御土居堀の国史蹟指定地のひとつ。
 つまり御土居堀の国史蹟指定地の西側が更地になったのだ。

 市五郎神社が西側から広く撮影できる環境になったのだ。
 これがうれしくて撮影にきた。

 先客が二組あった。
 有名になってきたということか。
 うれしいことだ。

 午後から「パイレーツ・オブ・カリビアン3」をみにいく。
 キーラ・ナイトレイが出ている。
 大好きな女優だ。
 一昨年は主演した「プライドと偏見」をみた。とてもよかった。

 すきな女優はひとりにかぎれ、と叱られたが、「ファン」の範囲なんだから、ほんとうの「恋人」じゃないんだから許してください。

|

2007.06.18

平城京十条大路跡をみる

6/16(土)はれ
Dcf_0507

 朝1番、朝日カルチャーセンターの「京都・歴史の道をあるく」次回見学地のデータをおくる。
 そのあと急いで奈良・大和郡山市へむかう。

 平城京十条大路跡の現地説明会がある。
 下三橋(しもみつはし)遺跡だ。
 
 平城京は九条大路までというのが常識だった。
 それが長岡京、平安京にひきつがれている。

 が、今回もう一本南まで大路の存在したことが確実になった。
 昨年の現地説明会は「可能性」の段階だった。
 今回確実になった。

 学校の教科書かきかえだ。
 この紀念すべき遺構をこの目でみないと一生後悔すると思い、かけつけた。

 正午までと聞いていた。
 なんとかぎりぎり間に合うかんじ。

 もしダメでも、おそらく担当は大和郡山市教育委員会の山川均さんだろう。
 無理をきいてくださりそうだ。

 が、大いにまにあった。
 山川さんのステキな語りが2度もうかがえた。

 もうひとつ意味深かったのは、十条大路の上層で、奈良時代の田畑が確認されたこと。
 このあたりの奈良時代の田のありかた、ながく仮説があった。
 それを否定し、あたらしい事実がわかった。
 山川さんがいっておられたことだが、十条大路に隠れて目立たないが、同じぐらい学史上意義深い成果だ。

 昨春はすぐそばで羅城跡を拝見した。
 その帰り、郡山城跡に立ち寄って、西村幸信学芸員をたずねた。
 それが彼と出会った最後になった。
 そのことをまた思い出した。

 わけわからん方は、当ブログ2006年3月25日、および同年6月11日条をごらんください。

 そんな夜、なんということか訃報に接する。
 龍馬研究会(高知市)の事務局長、有安理恵(ありやす・まさえ)さんが心不全で急逝された。

 ほんの数日前、同会の会報『龍馬研究』の次回原稿につき、メールをいただいたばかりだ。
 なんということだ。

 人の一生ってとてもはかない。
 信じられないほど。

|

2006.08.13

大谷かねよから山科中心部へ

8/12(土)はれ夕方少し雨
 山科の三宅碑を歩くイベント。
 正しくは三宅碑はみず、1926年(大正15)6月20日、三宅清治郎が建碑のために歩いたコースを歩く、その3。

 午前9時、京阪電車京津線「大谷」駅に集合。
 まず、うなぎ店「かねよ」へ。
 三宅清治郎の昼食場所です。 
 われわれはにおいだけ頂く。

 旧東海道を西へ。
 追分で奈良街道へ。
 さらに音羽病院前で渋谷街道を選ぶ。

 山科東西別院⇒蓮如塚⇒鐘紡跡の山科中央公園で終了。

 山科駅前にもどり、参加者6名と昼食会。
 今日も暑い日。
 よくぞみなさん参加される。
 それがすごい。
 前日から連続の方は3名。
 ありがたいこと。

| | コメント (0)

2006.08.12

2日間のお話し

8/10(木)はれ
 小学館古文書講座に出講。

 「都名所図会」の「洛外惣土堤(らくがいそうどて)」の項を読む。
 大学院生のときから何度も読んだはずなのに、新たな発見あり。びっくり。
 やっぱり問題意識だなぁ。
 問題意識が増えると、気づけることがまだまだ出てくるようだ。感嘆。

 おやつにはおはぎをお出しする。

8/11(金)はれ
 基礎から学ぶ日本歴史、はじめての見学会。

 急に決まったのに、それでも14名もご参加。
 纏向遺跡を歩き、上ツ道を進んで箸墓にたっする。
 そうめんのお昼ご飯。 

 午後は森本六爾の生家を訪ねる。
 次は・・・暑くてやめる。

 京都駅に戻って懇親会。
 懇親会から参加の常連さんも1人あり、一部は二次会にも行かれた模様。

| | コメント (0)

2006.01.10

京都・歴史の道を歩く、現地講座の打ち合わせ

1/9(月・祝)はれ

 京都駅前のホテルの喫茶店で、朝日カルチャーセンターのH氏とお会いする。

 4月から「京都・歴史の道を歩く」(仮)という現地講座を行います。
 その打ち合わせです。
 たいへん盛り上がり、4時間もお話しをしました。

 予定内容は、
  1江戸からの長旅おわる―東海道(三条街道)

  2ミヤコの城壁・堀と「七口」―御土居堀

  3龍馬、新選組の上洛ルート―伏見街道
 
  4明智光秀の本能寺攻め―丹波街道(山陰道)
  
  5幕末長州の京都攻撃・禁門の変―西国街道

  6徳川と新政府の激突・鳥羽・伏見戦争―大坂街道(鳥羽街道)
です。

 夕方は、上洛中のT大学のT先生と2人っきりで夕食会。
 大変もりあがり、とても魅力的な「決定」をする。

 あたたかい日でした。

| | コメント (0)