2010.11.25

11月18日から21日までの中村武生

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

11月18日(木)はれ

 名古屋市の栄中日文化センターに出講。いつもの「日本の城と合戦」、「京都学」講座に出講。

 前者は室町時代の将軍暗殺にはじまる一連の事件「嘉吉の乱」、後者は「京都に象がきた」。八代将軍吉宗が象を買った。江戸入りの過程で京都にも来て、天皇・上皇・皇太子も見た話をした。

 後者は、象小屋に使用された寺町の浄華院(清浄華院)所蔵の「日鑑」に、細かな記載があった。新出である。担当の松田さんや清浄華院の協力により閲覧・複写が許された。その中身をかいつまんでお話しした。

 終了後、急いで帰って、入浴介護。

11月19日(金)

 午前中、京都府宇治市公民館に出講。龍馬のはなし。

 宇治市公民館は宇治橋のたもとにある。会場の三階から宇治橋をみおろす。感激。宇治橋には何度も何度も来ているのにこのアングルははじめて。

 宇治橋は広義の京都の出入り口。すなわち京都防衛の重要点である。ここを突破されるといけない。中世の源義経や、承久の乱の際の鎌倉軍など、上洛戦でたびたびここが戦場となっているのは周知である。

 土佐亡命後、龍馬は比較的早い段階から京都に住んでいる(海舟日記など)。大坂近海の海防に関心の深い龍馬(続再夢紀事など)が、ある閑日に京都防衛の要地である宇治橋の見学に来た可能性は十分あると述べた(典拠史料はないですが)。

 お昼には終わったので、藤原道長建立の木幡の浄妙寺跡(現宇治市)に立ち寄り、木幡小学校前に建つ石碑を確認。

 ふたり分の昼食を買って帰宅。午後は介護。仕事をしつつ。

11月20日(土)はれ

 午後1時からNHK大阪「龍馬研究の最前線」に出講。岩倉具視に会いに行った龍馬の道を推定して歩いてみた。国史蹟岩倉具視幽棲旧宅(旧岩倉村)は修理中で、建物には近づけなかった。資料館「対岳文庫」の観覧だけした。それでもいくらもしゃべった。

 そのあとも、岩倉具視ゆかりの九兵衛宅跡を示す石碑(旧花園村)まで旧道を通って行った。明治前期の古地図をもとに、わざわざ選んで通るのである。一見、現景観に埋没しているがちゃんと存在する。旧岩倉村中心部は開発著しいが、旧花園村にはまだまだ豪壮な農家が残っている。楽しい。

 ついでに後日やってきたものだが、同じく花園町の三縁寺にある池田屋事件戦死者の墓参もした。終了したのは4時30分ごろ。

 地下鉄で河原町三条に移動。交差点付近で、すこし休憩。

 帰宅して、また入浴介護。

11月21日(日)

 午前中、嵯峨野学藝倶楽部に出講。伏見城下町の大名屋敷のはなし。F林武さんがこられて驚く。懇親会もこられる。終始、場所はにぎやか。

 一旦帰宅し、役に立たないながらも、少し介護。

 夕方、木屋町六角の「龍馬」に出講。寺子屋龍馬。

 先月にひきつづき、龍馬殺害。刺客である今井信郎の供述、渡辺篤の回想録、川田瑞穂による近江屋新助の子井口新之助と菊屋峯吉の聞き取りを読む。みなさんお疲れになられたようで。

 次回は、12月19日(日)、龍馬の葬送です。

|

2005.08.21

義経論の第一人者、前川佳代さんの講演を聴く

8/21(日)はれ時々雨

 本日は、「山科本願寺・寺内町の歴史を学ぶ市民講演会」の日でした。

2005_08210001

 講師は、前川佳代さん(京都造形芸術大学非常勤講師)です。
 演題は「源義経の軌跡―山科・京都と周辺地域」(写真。クリックすると拡大します)。
 
 今年の大河ドラマにあわせて、わが「山科本願寺・寺内町を考える市民の会」もブームにあやかろうと思いました。
 山科本願寺・寺内町と義経? といわれるかも知れません。

 しかし本会は単に真宗や寺内町だけを扱うのではなく、山科地域の歴史啓発の役割も担っております。
 そのため、「山科」にかかわれば、むしろ積極的に「時事ネタ」も扱おうと思ったわけです。

 山科にはさまざまな義経伝承地があります。
 それが史実とどのようにからむのか、検討できないか。

 そんな無理な注文を、僕が知己の前川さんにお願いしたのです。

 前川佳代さんは「義経を愛している」ことで有名な研究者です。
 研究者の立場を堅持ながら、愛を込めて義経を語れる、珍しい方です。
 「義経」を題材にした本会講師にもっとも適した方と思いました。

 本日のお話しは、全く期待した通りのものでした。
 実は上記のような注文は結局無茶なことで、最近の義経論を紹介くださるだけでも十分だと思っていました。

 ところが何と山科はいうに及ばず、北区紫竹(しちく)の「牛若丸誕生井」についても、その伝説誕生の興味深い仮説を提示してくださいました。

 思わずうなってしまう。
 「締め」には、ご自身が義経に関心をもたれたきっかけについても語られました。

 非常に熱の入ったよい講演で、終了後はいつも以上に、参加者の質問や発言がありました。
 僕は、ぜひ活字(論文)にしてくださいとお願いをいたしました。

 慰労を兼ねて事務局員で喫茶にお誘いしたのですが、町内の地蔵盆に参加しないといけないので、と大急ぎで去っていかれました。
 残念。

 去り際、後日、紫竹(しちく)で慰労をしてくださいといわれ、笑う。
 どこまでも「義経」だなぁと、また感心した次第です。

| | コメント (0)

2005.06.24

講演「最近の義経論と史蹟解釈」を行う

tanjyoi
 6月23日(木)
 早朝には小雨が降っていましたが、すぐ止む。日中は晴。

 本日は講演にいってきました(於左京合同福祉センター)。
 「左京老人連合会」という団体からのご依頼です。

 本会とのお付き合いはもうながく、4年目です。
 毎年、この時期にネタを変えて講演をしております。

 今年は何と「義経」についてご依頼がありました。
 もちろん専門ではありません。
 が、「義経」は僕の初恋の相手でございますから、結局させていただくことにしました。
 もちろん「専門ではありませんが」、は忘れずお伝えいたしました。

 タイトルは「最近の義経論と史蹟解釈」です。
 菱沼一憲さんの一連のご成果をはじめ、今年は多くの「義経論」が世に提示されています。
 そのご紹介をしました。
  ※例えば、『源義経の合戦と戦略―その伝説と実像』角川選書、2005年

 しかし少しは自分の専門の話もしないといけません。
 人のふんどしで相撲を取るだけではあまりに恥ずかしいですから。
 そこで史蹟をどう見るか、という視点を加味しました。

 1時間半もつかなと不安でしたが、結局全く足らないぐらいで、杞憂に終わりました。
 笑いやうなずきを多くいただき、気楽にお話ができました。
 参加のみなさま、ありがとうございました。

| | コメント (0)