« 名古屋市で所郁太郎を講じ、桶狭間古戦場候補地のひとつをあるく | トップページ | 山科本願寺と畿内戦国史をまなび、安祥寺を案内する »

2019.11.18

最近の中村武生の講座・巡検

◆ 日本史講義「日本の歴史と天皇・公家・武家」  

 

連続型・各回募集。14時間ですが、論理性のある豊かな内容のお話は大変楽しく、時間もあっという間に過ぎると好評です。


 講師:中村武生

 主催:アイリス京都(http://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris )

 日程: 

第26回2019 12月15日(日) 12:30~16:30

「織田信長の政治と軍事・その2―統一政権期」 島本町ふれあいセンター・視聴覚室(JR島本駅から徒歩5分)      

 

27回:  来年(2020年)1月12日(日)12:30~16:30  島本町ふれあいセンター・3階(JR島本駅から徒歩5分)

「羽柴(豊臣)秀吉の政治と軍事」(予定)

幕末維新研究最前線
 明治維新期、第1回:慶応4(明治元)年の政治過程
本年12月22日(日) 13時~17時 アスニー山科・実習室(JR山科駅から徒歩3分)
 ※前回は江戸開城あたりまですすみましたが、少しさかのぼり五箇条の御誓文・五榜の掲示などにもふれます。
 戊辰戦争継続中の新政府の動向をお話しいたします。
 同   第2回:来年(2020年)1月18日(土)12:30~16:30  
                 島本町ふれあいセンター・3階(JR島本駅から徒歩5分)   幕末期については、既に8回が終了。各回の詳細なレジュメが次のサイトから読めます。
https://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris/advertisement 

各回4時間。1時間おきに休憩あり

 参加費: 3,500円(当日徴収、キャンセル料なし)

 申込み方法:次のことを明記の上、メール(kimiko.nakatsuka@gmail.com )下さい。電話(090-6203-4380中塚)も可。

    1.お名前  2.当日連絡がとれる電話番号 3.どの回の講義に参加ご希望か?  

  *各回ごとに参加できます。各回ごとの講義の詳細なレジュメがサイトから読めます(http://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris/history )。

 サイトから読めない方はご連絡下さい。尚、レジュメはアイリス京都が作成したものです。

 

 

.

学びのフォーラム山科

(未定) 」

来年(2020年)9月2日(水)10:00~12:00(開場9時30分)               
     歌唱指導/10:00~10:30  講演/10:30~12:00

演者 :  中村武生

入場料 : 無料(申し込みは不要です。直接会場へお越しください。)    
定 員 : 先着260名                         
会場・お問い合わせ :                         
     京都市生涯学習総合センター山科(アスニ―山科)     
      京都市山科区竹鼻竹ノ街道町92 ラクト山科C棟2階    
     TEL593-1515        

.

中村武生の日本の歴史、いま・あのころ

新聞に載った最近の日本史ニュースの解説と高校日本史レベルの講義を行います。

第257回 南北朝時代、高師直の滅亡その4  など  

日時:2019年12月10()午後0時50分~午後2時(1時間10分ていど)

会場:キャンパスプラザ京都(4階第4講義)

原則毎週火曜日、同じ時間 

(京都市下京区西洞院塩小路下ル東側。JR京都駅中央改札から西へ徒歩4分)

予約不要 

受講料:500円(会場でお支払いください)

次回は、 「足利直義の死」、年12月17日()です 。時間・会場は同じです。

 

「明治維新史をまなびなおす-そのとき龍馬と新選組はどこでなにをしていた」

 第16回「勅使三条実美の東下、大政奉還論の発生―文久2年下半期」

 講師:中村武生

 2020年1月11日(日)午後5時30分~6時30分 

参加費:1500円(要予約、会員1、000円)

場所:酒場龍馬(京都市中京区木屋町通六角下ル)

主催:NPO法人京都龍馬会http://www.kyoto-ryoma.jp

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「新選組論・その2―八月十八日政変から池田屋事件へ」/

演者 :中村武生

来年(2020年)8月9日(日)13:30~15:00/

終了後懇親会があります/

要予約(YSB の玉置さん090ー7094ー7937)/先着40名

於奈良県橿原市・札の辻交流館(橿原市北八木町2-1-1、0744-26-2684)/

千円/

主催:YSB(大和・桜井・幕末維新を学ぶ)

 


「政治史のなかの新選組」in京都

 [日時]2019年10月13日()午後2時から2時間ていど

 [定員]要予約。先着8人ていど(あと3人) shisekitai@nifty.com)

お名前・ご住所・携帯番号を明記してメールで事前にお申し出ください

 [参加費],500円(受講料・資料代込、茶菓付。当日お支払いください。学割2,000円、当日学生証を持参ください)

 [概要]慶応4年5月(1868年6月~7月) 、近藤勇死後の新選組など

 [会場]中村武生歴史地理研究室(京都市営地下鉄東西線「二条城前」駅から東へ徒歩5分)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【現地をあるきましょう】


講座「元治甲子戦争(禁門の変)をあるく・知る」

第5回 粟生(あお)光明寺などをあるく(巡検)

2019年11月4日(月・祝)

 城州乙訓郡の長州勢布陣地は山崎にとどまりません。至近の粟生光明寺などの寺院も使用されました。

絵図を片手にあるいてみましょう。現地で史料も読みます。

集合場所・時間:阪急京都線「長岡天神」駅改札、午後2時

要予約(メールで)

小雨決行

定員:10名ていど

参加費:,500円(資料代・講師料込。現地でお支払いください)

.

第7回 来島又兵衛ら、嵯峨天龍寺へ移動2(座学第5回)

 2020年1月26日(日)

 元治元年(1864)6月26日、長州毛利勢のうち河原町屋敷・伏見屋敷の兵が多く嵯峨天龍寺に移動しました。すわ開戦かと京都守衛を任された諸侯は色めき立ちました。これに関わる信用できる史料を講読します。

場所・時間:中村武生歴史地理研究室、午後2時

要予約(メールで)

定員:8名(あと2名)

参加費:,500円(資料代・講師料込。当日お支払いください)

 

 


終了いたしました「徳川末期京都、絵図ぶらり」いたします!

第12回 2019年4月21日()

行き先:下京

新選組屋敷跡のあった京都南端から北上します。西本願寺、本圀寺跡など政治史の舞台地など、いろいろをもとめ徳川末期の絵図などを片手にぶらぶらします。急なコースの変更がありましたらお許しください。

集合場所・時間:JR京都駅中央改札前、午後2時

予約不要

小雨決行

参加費:,500円(資料代・講師料込。現地でお支払いください)

懇親会もします(参加自由。別途有料)

 

本日12月10日の花洛名勝図会をあるくも、先週にひきつづきお休みします。

次回またよろしくお願いいたします。
「花洛名勝図会」をあるく

◎第41回  吉田神社など

2019年12月16日(月)

集合:午前10時までに、京都市左京区の東一条交差点北東角(京都大学正門西側交差点)

行き先(予定): 吉田神社 など

雨天中止。千円。参加自由。予約不要。

交通費・拝観料は自弁ください。

コースは変更する場合があります。

 

 

御土居堀をあるく都市に埋没した城壁・環濠の痕跡をさがす

 ※豊臣秀吉期に構築された京都の城壁・環濠の跡地を1周しています。

2019年12月21日(日)、午前10時~12時 

集合:京都市中京区の京阪電車「京都市役所前」駅改札、午前10時までに。

行き先:集合場所の北、二条通の北から洛中惣構土居堀の旧蹟地を北へあるきます。

○参加自由。予約不要。 ○雨天中止 ○参加費:千円(現地でお支払いください)

 

主催:京都御土居堀研究会(中村方)

 

中村武生のくずし字初級会-毎週読もう


※実際にくずし字を読む演習です。明治維新期の史料を読みます。

現在は、西村兼文『甲子戦争記』を読んでいます。元治元年7月19日(1864年8月20日)です。

初心者歓迎。.

要るもの:鉛筆、けしごむ、原稿用紙、『くずし字用例辞典』(東京堂出版)など

週イチ

毎週水曜日、午後7時~830分ごろ(1時間30分ていど)

茶菓付、持参下さってもけっこうです。

場所:中村武生歴史地理研究室

予約制、月額8,000円(大学生などは学割6,000円。原則5週目は休講、祝祭日も同様)。月の途中からの参加も可能です。

茶菓付

定員:8人ていど(キャンセル待ち)

対象は、初心者です。 

 予約は中村武生歴史地理研究室(メールtasuki@dream.nifty.jp)まで。

|

« 名古屋市で所郁太郎を講じ、桶狭間古戦場候補地のひとつをあるく | トップページ | 山科本願寺と畿内戦国史をまなび、安祥寺を案内する »