« 今回の菅原道真の祟りを鎮めるには何を贈るか | トップページ | 募集「幕末維新を考え直すシンポジウム」 »

2019.09.05

菅原道真に何を贈ると鎮まるかのつづき

菅原道真のつづき。

 山田邦和博士からご指摘をいただきました。太上天皇はあり得ないが、准三宮(准三后、准后)はありえるかもと。ただし准三宮に位階は付いてこないので、正一位より上になるかは分からないがとも。で、贈准三宮の先例として、徳川中期の従一位関白左大臣二条吉忠を挙げられました。

 二条吉忠が准三宮を追贈された理由は、没後に外孫智子内親王が践祚したからである(のち後桜町院、後桜町天皇)。なるほど関白とはいえ、従一位左大臣なので、贈正一位太政大臣の道真よりは低い。道真は贈准三宮を喜ぶかどうか。

|

« 今回の菅原道真の祟りを鎮めるには何を贈るか | トップページ | 募集「幕末維新を考え直すシンポジウム」 »