« 有待庵は「破壊」されたのですよ | トップページ | 最近の中村武生の講座・巡検 »

2019.06.13

京都市は有待庵を「現在のまま保存することに意味はない」と

京都市の発言。大久保利通邸茶室「有待庵」。
 「指定文化財でないとして詳細な測量・調査はせず、『御花畑から移設した際、その後も手が加えられており、現在のまま保存することに意味はない』として壁を取り壊し、主要部材のみを残す作業を行いました」。

 「茶室を移築した経験がある民間企業のように、部材がデリケートで破損の危険性があるため、解体せずに移設するなどの具体策に言及したものもありました」。Ccf20190613_00002

でも無視なさったようです。
本日発売の『週刊京都民報』(今月16日号)。

 

|

« 有待庵は「破壊」されたのですよ | トップページ | 最近の中村武生の講座・巡検 »