« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018.03.31

江馬天江浪花遊学、丹波綾部行、知足院・加藤家調査

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。
2018年3月30日(金)はれ
 午前10時、くずし字研究会。生父宛江馬俊吉(天江)書翰を読む。「浪花へ遊学」直前のもの。適塾であるなら意義深いが如何。
 午後から丹波綾部へ。坂本龍馬と楢崎お龍の内祝言をしたとされる青蓮院入木道の支流、知足院夢覚の実家加藤家旧蹟調査のため。菩提寺東光院、加藤邸旧蹟、墳墓を訪ねる。ここにはお龍の母貞(てい)、弟謙吉などが寄留していたほか、七宝作家、帝室技芸員の並河靖之(もと朝彦親王臣下)妻も幼少期託されていた。これについては『週刊京都民報』連載中の拙稿「龍馬、新発見」に複数回紹介した。知足院紹介の先人村上佑二も東光院に眠ると今回知り、掃苔。行方不明だった知足院揮毫碑も確認。

|

2018.03.30

寛政改革、連載龍馬、大名居所、天壇、先斗町

2018年3月29日(木)はれ
 NHK文化センター京都教室に出講「日本の歴史」講座に出講。田沼時代と寛政の改革の途中まで。つぎはロシア使節アダム・ラクスマンの渡来から。大黒屋光太夫で時間かけ過ぎないように留意。
 午後は昼食をかね、某所にこもって締め切り過ぎた「龍馬、新発見」の原稿に立ち向かう。もう61話。
 終了後、挿入する写真を撮りに行く。伊勢屋池村久兵衛方跡。至近で助かった。
 夕方の待ち合わせには時間の余裕があったので、京都市歴史資料館に大塚コレクション展を観覧にあがる。幕末期京都の大名居所に関する展示がまとまっていて感じ入る。少し写し取ったがとうてい終わらず。近々にまたうかがう予定。入手滞っていた同館紀要を4冊購入。
 夕方、四条川端天壇で某打ち上げ。法人関係4人で。み・こ・ま。アサヒスーパードライしかなくショック。山科店はエビスがあるのに。二次会は先斗町でエビス飲みなおし。
 帰宅後、提出原稿を修正。挿入する写真が見当たらず閉口するも、深夜ついに見つける。市岡長右衛門邸跡。担当さんにお送りしたのち就寝。2時30分ぐらい。
 

|

2018.03.29

室町殿・相国寺巡検、甲子戦争・会津容保の上書

2018年3月28日(水)はれ
 読売文化センター「京都の歴史を基礎からまなぶ」講座出講。巡検。室町御所跡と相国寺をあるく。3時間。ちゃんと七重塔跡、西郷隆盛寓居跡「塔之段」にも行く。
 夜はくずし字初級会。テキストは「甲子戦争記」。開戦直前、会津容保の上書まで来たぞ。
 夜、突然の懇親会。32年前の予備校合宿のエピソードを話題にするも、話す側が笑いが出すぎて失敗。お笑い芸人としては最悪。
 1月に出すべき請求書、4月出講の場への出講受理書などを送る。事務処理能力の低いこと。

|

2018.03.12

【講演】西郷隆盛とその時代―元治・慶応期を中心に

 恒例のNPO法人京都歴史地理同考会の講演会を行います。どうぞお越しください。

 

 

 

明治維新150年 西郷隆盛とその時代元治・慶応期を中心に

講師:町田明広氏(神田外語大学准教授、日本近現代史)

 

日時:2018年6月24日(日)午後3時20分~5時20分(開場:午後2時50分)

場所:キャンパスプラザ京都・第2講義室(4階)

600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下ル東塩小路町939

行き方:京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車。徒歩5分。

予約:不要

参加費:一般1,000円、学生800円(学生証をお持ちください)

主催:NPO法人京都歴史地理同考会(理事長:中村武生)

|

2018.03.02

JR東海/本能寺の変をあるきます

JR東海「そうだ京都、行こう」。
 本能寺の変の舞台地をあるきます。
 都市史専攻の顔でご案内します。
 本年6月10日(日)午後です。
 4月22日(日)申込み開始。定員30名。
 どうぞよろしくお願いいたします。
http://souda-kyoto.jp/card_member/event/1802_03.html

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »