« 幕末史をまなびなおす-そのとき龍馬と新選組はどこでなにをしていた | トップページ

2018.02.21

最近の中村武生の講座・巡検

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 

《最新》

中村武生と行く鎌倉の旅

期間:2018年4月21日()~22日()

【予定コース】

4月21日()10:30までに新横浜駅集合→昼食(鎌倉市内)→鶴岡八幡宮→源頼朝墓(法華堂跡)・頼朝時代幕府跡→日蓮辻説法跡→妙本寺(比企能員邸跡伝承地)→元八幡(由比若宮)→ホテル(藤沢市内)

同月22日()ホテル8:30→稲村ケ崎(新田義貞伝承地)→満福寺(源義経腰越伝承地)→昼食(鎌倉市内)→名越北条屋敷跡(比企能員終焉地)→朝比奈切通し→新横浜駅16:00解散

参加費:4万円(受講料、資料代、保険料、昼食(2度)・夕食(1度)・朝食(1度)を含みます)※ご自宅と新横浜駅往復の交通費は含みません

参加人数:20名

お申し込みはお早めに。中村武生歴史地理研究室(メールtasuki@dream.nifty.jp)まで

 

西郷隆盛のみた京都―その手紙を読んでみよう

本年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主人公、西郷隆盛とミヤコである京都の関係を紹介します。西郷が初めて京都に来たのはいつか、また最後の入京はいつか、ご存知ですか。西郷の住居がどこにあったのでしょうか。将軍継嗣、安政の大獄、寺田屋事件、池田屋事件、甲子戦争(禁門の変)など幕末政治史のなかで位置づけます。

 

4月、はじめての上京―将軍継嗣と通商条約

5月、主君を「ジゴロウ(田舎者)」扱い―島津久光の率兵上京

6月、中岡慎太郎がキャッチした復権-池田屋事件前後

7月、洛中での実戦に参加-甲子戦争(禁門の変)の勝利

8月、勝海舟の出会いに関する通説の誤解―長州征討に反対したのはなぜか

9月、薩長和解に向けて-「薩摩藩士」になった坂本龍馬

 

主催:NHK文化センター京都教室 お申込みは以下へ

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1115368.html

 

「幕末史をまなびなおす-そのとき龍馬と新選組はどこでなにをしていた」

 第2回「なぜ禁裏が外交に関与しだしたのか-幕末以前・その2」

 講師:中村武生

 2018年3月31日(土)午後5時30分~6時30分

参加費:千円(要予約)

場所:酒場龍馬(京都市中京区木屋町通六角下ル)

主催:NPO法人京都龍馬会http://www.kyoto-ryoma.jp

☆彡 帰ってきた「幕末政治と新選組」in京都

 [日時]2018年4月8日()午後2時から2時間ていど

 [定員]要予約。先着8人ていど(あと2名ていど) shisekitai@nifty.com)

ご住所・携帯番号を明記してメールで事前にお申し出ください

 [参加費],500円(受講料・資料代込、茶菓付。当日お支払いください。学割2,000円、当日学生証を持参ください)

 [概要]慶応2年9月(1866年)から。将軍家茂の死を受けて慶喜の後継問題。新選組が三井家に御用達になることを望むなどを扱う予定です。

 [会場]中村武生歴史地理研究室(京都市営地下鉄東西線「二条城前」駅から東へ徒歩5分)

 

 彡 「幕末京都、絵図ぶらり」いたします!

月の日曜日予定、第10回 検討中

行き先:検討中

 いろいろをもとめて、幕末期の絵図などを片手にぶらぶらします。急なコースの変更がありましたらお許しください。

集合場所・時間:検討中

予約不要

小雨決行

参加費:,500円(資料代・講師料込。現地でお支払いください)

懇親会もします(参加自由。別途有料)

 

◆ 日本史講義「日本の歴史と天皇・公家・武家」  

連続型・各回募集。14時間ですが、論理性のある豊かな内容のお話は大変楽しく、4時間もあっという間に過ぎると好評です。

 講師:中村武生

 主催:アイリス京都(http://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris )

 日程: 

     第16回:2018318日(日)〈楠正成登場あたり(元弘の乱)から〉

     第17回:6月9日(土)

     第18回:7月15日(日)

      各回午後1時~5時(4時間。1時間おきに休憩あり)

 場所:アスニ―山科(実習室)(山科駅から徒歩3分)

 参加費: 3000円(キャンセル料なし)

 申込み方法:次のことを明記の上、メール(kimiko.nakatsuka@gmail.com )下さい。電話(090-6203-4380中塚)も可。

    1.お名前  2.当日連絡がとれる電話番号 3.どの回の講義に参加ご希望か?  

  *各回ごとに参加できます。各回ごとの講義の詳細なレジュメがサイトから読めます(http://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris/history )。

   サイトから読めない方はご連絡下さい。尚、レジュメはアイリス京都が作成したものです。

 

◆幕末維新・研究最前線 (全4回、各回募集・連続型)

  幕末と維新の研究が進んでいます。最新の研究成果を踏まえてこの激動の時代の歴史を学びます。第3回は、文久2年(1862)の島津久光の率兵上京あたりまで進みました。

​  4回:2/25(日)

  講師:中村武生

  主催:アイリス京都(http://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris )

  毎回、日曜の15時(途中休憩有)。第2・3回の会場は、アスニー山科・研修室1(山科駅徒歩3分。定員40名)第4回は島本ふれあいセンター(定員70名)
http://www.shimamotocho.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/30/fureaisente

  毎回3000円(当日徴収)(キャンセル料なし)

  詳細なレジュメを、各回終了後数日以内にサイトに張り出します(http://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris/advertisement )。

  抜けた回があってもお楽しみいただけます(常設日本史講座のレジュメと同様なものを作成します)。

  申込み方法:次のことを明記の上、メール(kimiko.nakatsuka@gmail.com)を下さい。電話(090-6203-4380中塚)も可。

    1.お名前  2.当日連絡がとれる電話番号 3.どの回の講義に参加ご希望か?  4. メールアドレス(可能ならPCのもの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【現地をあるきましょう】

「花洛名勝図会」をあるく―巻1

◎第1回 祇園かいわい

2018年2月26日()、午前10時~12時ごろ 

集合:京都市中京区の京阪電車「祇園四条」駅改札(改札は1か所です)。

行き先(予定):四条橋、仲源寺、祇園社など

雨天中止。千円。参加自由。予約不要。交通費・拝観料は自弁ください。コースは変更する場合があります。

次回は同年3月5日()です。

 

御土居堀をあるく都市に埋没した城壁・環濠の痕跡をさがす

 ※豊臣秀吉期に構築された京都の城壁・環濠の跡地を1周しています

2018年3月11日(日)、午前10時~12時

集合:京都市下京区のJR「京都」駅中央改札(地上1階、烏丸通塩小路下ル)、午前10時までに。

行き先:集合場所から西に位置した洛中惣構土居堀の旧蹟地を南行します。

○参加自由。予約不要。 ○雨天中止 ○参加費:千円(現地でお支払いください)

次回、4月の日曜日予定です

主催:京都御土居堀研究会

 

<室内でじっくりまなびましょう>

☆更新しました中村武生の日本の歴史、いま・あのころ 

※新聞に載った最近の日本史ニュースの解説と高校日本史レベルの講義を行います。

第175回 北条泰時、「内野」の蹂躙をなげく・2など  

日時:2018年2月27日()午後0時50分~午後2時(1時間10分ていど)

会場:キャンパスプラザ京都(4階第4講義室) ※原則毎週火曜日、同じ時間 

(京都市下京区西洞院塩小路下ル東側。JR京都駅中央改札から西へ徒歩4分)

予約不要 

受講料:500円(会場でお支払いください)

次回以後の予定は、 

月9日(金) 午前12時50分~午後2時00分 4階第4講義室 

※いつもと曜日がちがいます

月13日() 午前12時50分~午後2時00分 4階第4講義室

月20日() 午前12時50分~午後2時00分 5階第2・3・4演習室 

                             ※いつもと部屋がちがいます

月27日() 午前12時50分~午後2時00分 4階第4講義室

 

中村武生のくずし字初級会-毎週読もう

※実際にくずし字を読む演習です。幕末維新期の史料を読みます。

現在は、西村兼文『甲子戦争記』を読んでいます。元治元年7月上旬(1864)です。

初心者歓迎。.

要るもの:鉛筆、けしごむ、原稿用紙、『くずし字用例辞典』(東京堂出版)など

週イチ

毎週水曜日、午後7時~830分ごろ(1時間30分ていど)

茶菓付、持参下さってもけっこうです。

場所:中村武生歴史地理研究室

予約制、月額8,000円(大学生などは学割6,000円。原則5週目は休講、祝祭日も同様)。月の途中からの参加も可能です。

茶菓付

定員:8人ていど。

対象は、初心者です。 

 予約は中村武生歴史地理研究室(メールtasuki@dream.nifty.jp)まで。

 

少人数でまなぼう!中村武生の歴史学入門

(キャンセル待ち)。原則毎週水曜日の午後2時から5時ぐらいまで(月3回) 

会員制・限定6名ていど <入会費不要、月額1万円> 茶菓付

※少人数制ゆえ、細かな点までしっかり学べます。初心者、歓迎

会場:中村武生歴史地理研究室   ◎申し込みも同所へ。

  

特に記載がないかぎり、主催は中村武生歴史地理研究室です。

 

|

« 幕末史をまなびなおす-そのとき龍馬と新選組はどこでなにをしていた | トップページ