« 【案内】新発見の薩摩島津家伏見屋敷絵図について | トップページ | 【講演】龍馬とお龍の『仲人』、知足院夢覚の発見―加藤家文書の調査成果 »

2017.08.09

最近の中村武生の講座・巡検

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

☆彡 「洛中」境界をあるく

.

徳川時代の「洛中」の範囲を一周してみませんか。

意外の京都が狭かったことがわかります。

「是より洛中」と刻まれた標石の位置をもとめていきます。

そしてなぜ「そこ」なのか考えてみましょう。

.

参加費:1,000円(受講料、資料代込み)

次回、未定

.

どうぞよろしくお願いいたします。

 

☆更新しました

☆彡 「幕末京都、絵図ぶらり」いたします

.

2017年8月20日(日)

ぶらりする場所:洛南東九条(京都市南区)、洛南深草(京都市伏見区)

.

概要:

[ねらい目]旧東九条村は、伏見から京都に入る玄関口です。元治元年6月24日(1864年7月27日)、長州主将福原越後は伏見長州屋敷に入りました。これを機に洛中守衛の諸侯は、各地に配備されました。東九条には近江水口加藤家が入り、その南方の九条河原・銭取橋には守護職会津侯、所司代桑名侯、新選組が布陣しました。酷暑のためその翌日には、東九条村の農家に下宿したことが、最近同村(当時)に位置する長谷川家の当主の日記によってわかりました。今回、会津の陣所であることが確実になった、長谷川家住宅を特別参観するなど、元治甲子戦争(禁門の変)の古戦場をめぐります。竹田街道を通って銭取橋(勧進橋)をわたり、開戦地である伏見街道の伏見稲荷や宝塔寺などへ向かいます。

  その他いろいろをもとめて、幕末期の絵図などを片手にぶらぶらします。

.

集合場所・時間:京都市営地下鉄「九条」駅改札、午後2時

(2~3時間)

.

予約不要

小雨決行

.

参加費:,500円(資料代・講師料込。現地でお支払いください)

長谷川家住宅の参観料(500円、通常は600円)が別途必要です。

懇親会もします(参加自由。別途有料)

.

《以後の予定》

9月24日()【壬生・島原(洛中)

集合場所・時間:阪急「大宮」駅東改札、午後2時

[ねらい目]新選組屋敷跡、六角牢屋敷跡、島原花街など

 

☆彡 帰ってきた「幕末政治と新選組」in京都

.

[日時]2017年8月27日(日)午後2時から2時間ていど

.

[定員]《キャンセル待ち要予約先着7人ていど shisekitai@nifty.com)

ご住所・携帯番号を明記してメールで事前にお申し出ください

.

[参加費],500円(受講料・資料代込、茶菓付。当日お支払いください。学割2,000円、当日学生証を持参ください)

.

[概要]元治2年1月ごろ(1865年、慶応元年)を対象とします。長州処分の行方への松平春嶽の思い、山階宮晃親王に宛てた書翰では新選組を話題にします。それはどういう内容でしょうか。長州処分をめぐり将軍家茂の上洛が求められていました。そんななか新選組による、京都での浪士佐々木六角源氏大夫、大坂での同余党、土佐浪士大利鼎吉らの追捕は無関係ではありません。甲子戦争やそれにともなう長州屈服で自信をつけた徳川家は、意のままにならない一会桑勢力を解体すべく老中本荘宗秀・阿部正外を京都に派遣します。関白二条斉敬に叱責されて追い払われるのですが、これに対する土方歳三の書翰は歳三の政治家としての立場をしれるものです。

.

[会場]中村武生歴史地理研究室(京都市営地下鉄東西線「二条城前」駅から東へ徒歩5分)

.

[今後の予定]9月10日(日)。時間・場所は同じ

◆ 日本史講義「日本の歴史と天皇・公家・武家」  

連続型・各回募集。1回4時間ですが、論理性のある豊かな内容のお話は大変楽しく、

4時間もあっという間に過ぎると好評です。

 講師:中村武生

 主催:アイリス京都(http://kimikonakatsuka.wixsite.com/iris )

 日程:

     第14回:同年7月16日(日)

     第15回:同年9月17日(日)

      各回午後1時~5時(4時間。1時間おきに休憩あり)

 場所:アスニ―山科(実習室)

 参加費: 3000円(キャンセル料なし)

 申込み方法:次のことを明記の上、メール(kimiko.nakatsuka@gmail.com)、

         あるいは電話(090-6203-4380中塚)でご連絡ください。

1.お名前  2.当日連絡がとれる電話番号 3.どの回の講義に参加ご希望か?

*各回ごとに参加できます。各回ごとの講義の詳細なレジュメを事前に無料で差上げ
ますので不参加でもフォローができます。

 また参加された回についても、参加後にレジュメを差上げますので、復習が楽にできます。(レジュメはアイリス京都が作成)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆更新しました【現地をあるきましょう】

「都名所図会」をあるく―後玄武編(巻之六) 

第144回 洛北北野3

2017年8月21日()、午後5時~6時 ※いつもと時間が異なります。

  

集合:京都市上京区の千本中立売交差点南東角(マクドナルド前)午後5時までに。 

行き先:北野かいわいなど。

 

雨天決行。千円。参加自由。予約不要。交通費・拝観料は自弁ください。コースは変更する場合があります。

御土居堀をあるく―都市に埋没した城壁・環濠の痕跡をさがす

 ※豊臣秀吉期に構築された京都の城壁・環濠の跡地を1周しています

. 

2017年8月27日(日)、午前10時~12時

集合:京都市上京区の北野天満宮の一の鳥居、午前10時までに。

行き先:集合場所付近から洛中惣構土居堀の旧蹟地を西行・南行します。

○参加自由。予約不要。 ○雨天中止 ○参加費:千円(現地でお支払いください)

主催:京都御土居堀研究会

<室内でじっくりまなびましょう>

 

☆更新しました中村武生の日本の歴史、いま・あのころ

 

※新聞に載った最近の日本史ニュースの解説と高校日本史レベルの講義を行います。

第152回「畠山重忠の滅亡」2など  

日時:2017年8月15日()午後0時50分~午後2時(1時間10分ていど)

  

会場:キャンパスプラザ京都(階第4講義室) ※原則毎週火曜日、同じ時間 

(京都市下京区西洞院塩小路下ル東側。JR京都駅中央改札から西へ徒歩4分)

予約不要 

 

受講料:500円(会場でお支払いください)

次回以後の予定は、  

8月22日() 午前12時50分~午後2時00分 4階第2講義室   

8月29日() 午前12時50分~午後2時00分 4階第2講義室   

 

 

中村武生のくずし字初級会-毎週読もう

※実際にくずし字を読む演習です。幕末維新期の史料を読みます。現在は、西村兼文『甲子戦争記』を読んでいます。元治元年6月下旬(1864年)あたりです。

初心者歓迎。

.

要るもの:鉛筆、けしごむ、原稿用紙、『くずし字用例辞典』(東京堂出版)など

週イチ

毎週水曜日、午後7時~8時30分ごろ(1時間30分ていど)

茶菓付、持参下さってもけっこうです。

.

場所:中村武生歴史地理研究室

.

予約制、月額8,000円(大学生などは学割6,000円。原則5週目は休講、祝祭日も同様)。月の途中からの参加も可能です。

.

茶菓付

.

定員:8人ていど(キャンセル待ち)。

対象は、初心者です。 

 

 予約は中村武生歴史地理研究室(メールtasuki@dream.nifty.jp)まで。

少人数でまなぼう!中村武生の歴史学入門

(キャンセル待ち)。原則毎週水曜日の午後2時から5時ぐらいまで(月3回)

 

会員制・限定6名ていど <入会費不要、月額1万円> 茶菓付

※少人数制ゆえ、細かな点までしっかり学べます。初心者、歓迎

会場:中村武生歴史地理研究室   ◎申し込みも同所へ。

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

慶応3年(1867)から150年紀念シンポジウム

来年(2017年)秋

会場:キャンパスプラザ京都

(京都市下京区西洞院塩小路下ル東側。JR京都駅中央改札から西へ徒歩4分)

基調講演:第1.町田明広(神田外語大学准教授)

     第2.中村武生(歴史地理史学者)

シンポ:慶応3年の政治史を論ず、町田明広、中村武生(司会)

当日、講師著書の販売をします(割引あり)

要予約。参加費3,500円(学生3,000円)、懇親会 5,000(学生4,500円) ※(学生さんは予約の際にお申し出ください。当日学生証をお持ちください)

ご希望の方は、お名前とご住所、携帯電話番号シンポのみの参加か、懇親会も希望されるかを記下さり、以下のアドレスにメールでお申し込みください。(tasuki@dream.nifty.jp)

※お申込み下さったのに1週間たってもお返事が届かないおりは、こちらのアドレスがブロックされている可能性があります。ブロックを解除して改めてご連絡を願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本年も実施、「中村武生と行こう、日本史舞台地の旅」(2泊3日)

テーマ:秀吉の後北条氏攻撃―主に関東の惣構(そうがまえ)をあるく

2017年10月7日(土)、8日(日)、9日(月・祝)

行き先予定:小田原城跡(神奈川県小田原市)、石垣山城跡(小田原市)、山中城跡(静岡県三島市)、岩槻城跡(埼玉県さいたま市)、山上城跡(群馬県桐生市、片桐且元・郡主馬ゆかり)など

※コースは変更する場合があります。

募集20名ていど。

費用:未定

 バス代、保険料、受講料、資料代込み。

 朝食2、昼食2、夕食2付(夕食はアルコール飲み放題)。

 集合場所までの交通費、解散場所からご帰宅までの交通費は自弁下さい。

講師:中村武生

お申し込みは、中村武生歴史地理研究室のメールアドレス(tasuki@dream.nifty.jp)まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特に記載がないかぎり、主催は中村武生歴史地理研究室です。

|

« 【案内】新発見の薩摩島津家伏見屋敷絵図について | トップページ | 【講演】龍馬とお龍の『仲人』、知足院夢覚の発見―加藤家文書の調査成果 »