« 平安京・京都の研究会に参加 | トップページ | 【講演】山科本願寺・寺内町の創立と終焉 »

2016.10.11

信州、上州の真田旧蹟をあるいた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。
.
 2016年10月11日(火)はれ
 今月8日(土)~10日(月・祝)の三連休は、僕主催の日本史ツアーで信州・上州の真田へ行っておりました。
 初めてのところばっかりだった。まずはベタな川中島古戦場跡八幡原史蹟公園の信玄・謙信像。建立年は1969年でNHK大河ドラマ「天と地と」の年。実に分かりやすい。
  
 有意義な出会いの筆頭は、松代城本丸に再現された土塁埋門(うずみもん)かな。こんな土塁出入り口が実在したんやと感激。

 以下がそれ。松代城本丸土塁の埋門の描写。現地解説板から。

それから名胡桃城二郭の排水口が土塁を切っていたっぽいこと。それを示した解説板。また土塁か。

実際の名胡桃城二郭北虎口(東から)。土塁は再現されたもの。土塁の左手(南側)が排水口推定地。ここは土塁を再現せず、緑地で跡を示すにとどめてある。西の崖下に悪水を落としたと推定されている。

 
 うれしかったのは、1923年もしくは1924年建立の徳富蘇峰揮毫の名胡桃城跡碑をガイドさんが特筆し、これが1949年だったかな、群馬県史跡指定につながり、旧蹟保存の端緒になったように位置付けられていたこと。
 

|

« 平安京・京都の研究会に参加 | トップページ | 【講演】山科本願寺・寺内町の創立と終焉 »