« 芹沢鴨殺害と有栖川宮接触について考えてみた | トップページ | 中村武生に聞く―京都新聞「御花畑」記事掲載 »

2016.07.26

洛東石田・日野をあるく

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。
 2016年7月25日(月)はれ
 午前中、都名所図会をあるくに出講。
 前回のつづきで洛東石田・日野地区。旧田中社(現天穂日命神社)から旧道を推定しながら日野地区へ。
 旧道が特定できると道標のほんらいの位置がおおよそ分かる。なので石田大山交差点の「三宅安兵衛遺志」碑(ひのやくしの碑、昭和四年春)は、旧位置から動いている(この交差点は昭和30年代に現日野道が出来て生まれたものであるから)。
 その後、ミニ登山して長明方丈石へ。万一のクマがこわいので、スマホで音楽ならしながら進む。クマは出なかった。
 午後から洛西の旧家で史料調査。この史料調査もう2年目なのだが、ここで予期せぬものが出た。体が震えた。このまま新聞記者発表などしたい気になったが、おさえた。またいつか。今年は一群をまとめて某展示に入れてもらうべきだったのかもしれないが、調査終了のめどが立たず、研究も活字にしていないから。所有者さんは目立つことを望んでおられないし。忘れられない日になった。ここには書けないが手帳には書いておこう。

|

« 芹沢鴨殺害と有栖川宮接触について考えてみた | トップページ | 中村武生に聞く―京都新聞「御花畑」記事掲載 »