« 2カ月ぶりの名古屋新選組講座 | トップページ | 山科・醍醐・東九条 »

2016.07.09

けっこう有意義な一週間

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年7月8日(金)はれ夕方雨

午前中、くずし字研究会に出講。ある一字の読みに悩む。配布した釈文は「向」と記したが、参加者から「内」および「何」ではないかと指摘あり。結局、意味から「何」と判断した。

終了後、京都地方法務局宇治に行き、昨日の件に関連させて旧土地台帳と旧公図を閲覧・複写。予想外の成果あり。いま立ち向かっている原稿を書き直し。うれしい悲鳴。

夕方、K都B教大学に出講。先週のつづきで寺田屋事件の復元。

本日7月8日は、元治元年なら6月5日(1864年)にあたるので、有志に誘われて池田屋跡碑の飲み屋で池田屋事件ミニ講座をし、のち懇親。

2016年7月7日(木)はれ

午前中、NHK文化センター京都教室に出講。小牧長久手の戦いとそれ以後の羽柴秀吉の話。午後から京都府立総合資料館へ。京都日出新聞、大正元年(1912)・2年のマイクロを読む。予想通りの記事を発見。

2016年7月6日(水)はれ

   朝イチ、K都女子大学に出講。鳥辺野(鳥戸野)の陵墓の話をする。午後から洛中研究室のゼミ。綾小路きみまろの独演会や大河「花の乱」の応仁の乱あたりの描写について話題となる。夕方、くずし字初級会。藤村幾之進が老中稲葉正邦へ運んだ徳川公儀・諸侯への建書のつづき。

2016年7月5日(火)はれ

キャンパスプラザ京都の日本史講座に出講。沖縄県石垣市の白保竿根田原洞穴(しらほさおねたばるどうけつ)遺跡」で旧石器の全身人骨が発見された。その報道を受けて、意義を述べる。

夕方からO谷大学に出講。蓮台野の陵墓の話をする。次回巡検予定。終了後は近衛別邸御花畑御屋敷跡を改めてあるく。

2016年7月4日(月)はれ

「都名所図会をあるく」に出講。宇多天皇皇子敦実親王(母は藤原胤子なので醍醐天皇と同腹)の子の雅慶の掃苔。山城国宇治郡条里図に表示されているため、醍醐天皇陵とともに信用できる陵墓のひとつ。そのあと醍醐三宝院へ。昼食は境内のお蕎麦屋に受講者と。

2016年7月3日(日)

外勤ないゆえ、拙宅で娘と朝日新聞の「しつもん!ドラえもん」の切り貼りをまとめてする。

|

« 2カ月ぶりの名古屋新選組講座 | トップページ | 山科・醍醐・東九条 »