« 是より洛中標石と御花畑御屋敷跡をあるいた | トップページ | 北ノ庄城に浅井三姉妹は行かなかったとか »

2016.06.30

伏見城武家地、御花畑、甲子戦争

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年6月29日(水)くもりのちあめ

 朝イチ、京都女子大学に出講。慣例となった空中写真の実体視をして(本日は近江国府跡あたり)、そののち伏見城武家地のおさらい。

 お昼から洛中研究室ゼミ。本日も御花畑御屋敷・その後など。

 夕方からはくずし字初級会。

 甲子戦争(所謂禁門の変)前夜の元治元年6月24日(1864年7月27日)ごろ。京都竹田口の城州紀伊郡東九条村(現京都市南区東九条)に諸侯布陣。会津のほか、南端に近江水口侯加藤明軌勢300余、北端に伊勢桑名侯(京都所司代)松平定敬勢200余がというところまでがほぼ前回。

 今回は山崎から藤村幾之進が長州使者として城州淀へ派遣されたところから。老中である城主稲葉正邦への朝廷への奏書と徳川公儀・諸侯への建書を持参したもので、その建書を読み始めた。けっこうながい。

|

« 是より洛中標石と御花畑御屋敷跡をあるいた | トップページ | 北ノ庄城に浅井三姉妹は行かなかったとか »