« 伏見指月城と向島城跡を歩いた | トップページ | お願い »

2016.06.25

板倉筑前介書翰を読み薩長盟約を論ずる

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年6月24日(金)雨

 午前中、くずし字研究会に出講。板倉筑前介(淡海槐堂)の書翰を読む。実家の下坂家の菩提寺の留守居玉苗尼死去の記載。年次特定に役立つ。が、分かるものだろうか。

 夕方から京都文教大学に出講。伏見論の一環で、寺田屋を取り上げる。その前提で薩長盟約研究のいまを論ず。やっとここで「御花畑御屋敷」を話題とする。

|

« 伏見指月城と向島城跡を歩いた | トップページ | お願い »