« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016.04.28

【追悼文】山田邦和さんによる鎌田久美子さんへの

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 山田邦和さん(同志社女子大学、考古学)による「鎌田久美子(山本久美子)さんを悼む」(平安京閑話)です。

<http://heike.cocolog-nifty.com/kanwa/2016/04/post-19ac.html>

どうぞご覧ください。

|

2016.04.26

鎌田久美子さんが亡くなりました

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 友人鎌田久美子(山本久美子)さん(関西大学大学院生)が、本年去る4月23日(土)午後10時に亡くなりました。
 昨日セレマ浜大津シティホールで通夜が行われ、100名近くの参列者にくわえさせていただきました。

 告別式(お別れの会)は本日4月26日(火)午後2時からです。

場所︰セレマ 浜大津シティホール(滋賀県大津市)
<http://www.cerema.co.jp/funeral/area/shiga/hall09.html

喪主は山本眞司さんです。

 お忙しい中、万障繰り合わせのうえご参列下さい。

 鎌田さんのお仕事には、

山田邦和・鎌田久美子(編・執筆)『京都府与謝郡野田川町 幾地地蔵山遺跡現状調査報告書』(花園大学考古学研究報告第14輯、京都府野田川町、野田川町教育委員会・花園大学考古学研究室、2005年3月31日)

があります。

|

2016.04.20

伏見をあるいたのち洛西で史料調査

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年4月18日(月)小雨

 本日の「都名所図会」をあるくは、伏見東郊、旧大亀谷村から惣構跡をへて伏見城時代の武家屋敷跡を踏査。天保の伏見図を配布。

 即成就院跡、西福寺、伊達街道を南下し伊達政宗邸跡の一部、海宝寺から惣構跡を西へ。栄春寺に残る惣構の土塁遺構を拝観。旧豊後橋通を南下し、丹波橋通で終了。

 午後からは洛西へ。Kさんお宅で史料調査。文久3年9月19日(1863)付の重要な書翰を再発見。

|

2016.04.19

【講演会】山科本願寺

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

【講演会】山科本願寺・寺内町跡〈中心部〉国史跡指定追加記念講演

日時:本年5月14日(土)13時30分~

講師:草野顕之氏(大谷大学前学長)「山科本願寺の創建と寺内町の成立」

場所:アスニー山科(JR・地下鉄山科駅から南へ約100m)

参加費:500円

申込不要

主催:山科本願寺・寺内町を考える市民の会

|

2016.04.18

昨日の研究会、楽しかった

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 昨日久しぶりに楽しい研究会に参加した。平安京・京都研究集会の準備会。近世京都の大名屋敷論。自身の関心に直結していたし。藤川さん、千葉さんにお目にかかれてうれしかった。わずかですが、僕もコメントを任されました。やっとまとめる気になっている惣構論の中核になる問題のひとつなので、ある意味ありがたい。さて、はよ目先のやつを片付けんと。

|

2016.04.17

御土居堀巡検、雨天中止

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 本日の「御土居堀巡検」は雨天のため中止です。ご容赦ください。

|

2016.04.09

小島道裕さん『洛中洛外図屏風-つくられた〈京都〉を読み解く』を恵贈いただく

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 昨日、小島道裕さんから玉著『洛中洛外図屏風-つくられた〈京都〉を読み解く』(吉川弘文館、2016年4月、1700円+税)を恵贈いただきました。記して御礼申し上げます。

 小島道裕さんは惣構研究を歴史学(都市史)の立場から進められることを僕に教えて下さった先人です。その論文は、「戦国城下町の構造」(『日本史研究』257号、1984年。のち『戦国・織豊期の都市と地域』、青史出版、2005年に収載)でした。当該論文からどれだけ学恩を受けたか分かりません。

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »