« 本日の都名所図会をあるくは雨天のため中止 | トップページ | 小島道裕さん『洛中洛外図屏風-つくられた〈京都〉を読み解く』を恵贈いただく »

2016.03.24

頼朝上洛、後白河・後鳥羽参内コースをあるく

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年3月23日(水)はれ

 よみうり文化センターに出講。京都の歴史を基礎からまなぶ講座。現在は鎌倉時代初期。今回は巡検。

 建久元年(1190)11月9日、源頼朝上洛の際、初めて後白河法皇と後鳥羽天皇に参内するコースを歩いた。典拠は「吾妻鏡」。

 六波羅の旧平頼盛邸跡に新築された頼朝屋敷から出発。位置は特定できないので、現池殿町を擬した。

 そこから後白河の院御所六条殿へのルートは不明。なので鴨川を渡って東京極大路を南に六条大路を西へ向かった。途中、六条殿から移築された長講堂の前を通った。

 六条北、西洞院西の六条殿で、「吾妻鏡」の頼朝・後白河の対面シーンを読む(ただし横着して現代語訳を使う)。

 ついで後鳥羽天皇の閑院内裏へ。同じくルートは不明だが、西洞院大路をそのまま北上する。閑院内裏跡に位置する御金神社に参拝して、頼朝参内の部分を読む。

 最後は京都市教育会建立による閑院内裏跡碑によって解散。終了後は至近の洛中研究室で有志懇親。

 夜はくずし字初級会に出講。「甲子戦争記」天の巻を読む。まだ率兵上京前の陳情の段階。

 終了後は急いで帰って、読み聞かせ、寝かしつけ。

|

« 本日の都名所図会をあるくは雨天のため中止 | トップページ | 小島道裕さん『洛中洛外図屏風-つくられた〈京都〉を読み解く』を恵贈いただく »