« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016.03.24

頼朝上洛、後白河・後鳥羽参内コースをあるく

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年3月23日(水)はれ

 よみうり文化センターに出講。京都の歴史を基礎からまなぶ講座。現在は鎌倉時代初期。今回は巡検。

 建久元年(1190)11月9日、源頼朝上洛の際、初めて後白河法皇と後鳥羽天皇に参内するコースを歩いた。典拠は「吾妻鏡」。

 六波羅の旧平頼盛邸跡に新築された頼朝屋敷から出発。位置は特定できないので、現池殿町を擬した。

 そこから後白河の院御所六条殿へのルートは不明。なので鴨川を渡って東京極大路を南に六条大路を西へ向かった。途中、六条殿から移築された長講堂の前を通った。

 六条北、西洞院西の六条殿で、「吾妻鏡」の頼朝・後白河の対面シーンを読む(ただし横着して現代語訳を使う)。

 ついで後鳥羽天皇の閑院内裏へ。同じくルートは不明だが、西洞院大路をそのまま北上する。閑院内裏跡に位置する御金神社に参拝して、頼朝参内の部分を読む。

 最後は京都市教育会建立による閑院内裏跡碑によって解散。終了後は至近の洛中研究室で有志懇親。

 夜はくずし字初級会に出講。「甲子戦争記」天の巻を読む。まだ率兵上京前の陳情の段階。

 終了後は急いで帰って、読み聞かせ、寝かしつけ。

|

2016.03.14

本日の都名所図会をあるくは雨天のため中止

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 本日3月14日(月)の「都名所図会をあるく」は、雨天のため中止いたします。

 次回は来週3月21日(月)です。集合場所・行き先も同じです。どうぞよろしくお願いいたします。

|

2016.03.11

山科本願寺跡及び南殿跡の史蹟追加・名称変更が官報に告示される

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年3月11日(金)

 去る3月1日(火)、「山科本願寺跡及び南殿跡」の国史蹟追加指定ならびに名称変更を告示した文部科学省告示第32号が『官報』(号外)に載っていたことを知りました。遅ればせながら。

 これによりついに山科本願寺跡の中心部が国の文化財となった。心より喜びたい。

Photo

 ところで石清水八幡宮本殿などが国宝指定された(官報告示があった)ことは(本年2月9日付)、翌日の朝日新聞に報じられていた。

 しかし山科本願寺跡は全く報じられなかった。いったいどうなっているのだ。

|

2016.03.06

幕末豪農出身の息子が六位の地下官人になったらうれしくないものか

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年3月4日(金)はれ

 くずし字研究会に出講。幕末の湖北の豪農は、商家に養子に行った息子が六位(将来は五位(「大夫」)も見込まれていたらしい)の地下官人になることを嫌ったというのが意外だった。

 安政3年5月(1856)に醍醐家に仕えたという『明治維新人名辞典』(吉川弘文館)の項に記載された典拠は何だろうと思い、見込まれる典拠を京都女子大学の図書館に行き、閲覧。ここで「洛東大仏日吉山ニ演武場ヲ設ケ」なんて字句を見ると感慨深い。

 期待の記載はなかった。ではいったい何だろう。でも未見の文書が複数入っていて、閲覧のかいはあった。

 あとから嘉永7年(安政元、1854)と推定される4月7日付の実弟の実家宛書翰に、当人がもう醍醐家に仕えているような記載のあったことを思い出した。はて。

 そのあと確定申告する。胸のつかえがとれた。

|

2016.03.05

信長を論じ映画ドラえもん・プリキュア前売りを買う

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年3月3日(木)

 前日、拙稿「『三宅安兵衛遺志碑』と八幡の歴史創出」②の載った『八幡の歴史を探る』第71号(八幡の歴史を探求する会、2016年2月29日)が到着する。

 午前中、NHK文化センター京都教室に出講。日本史講座。織田信長を論じた。次回は本能寺の変から。

 簡単に昼食をすませ、洛中研究室に行き、そののち娘に頼まれていたドラえもんとプリキュアの映画の前売り券を購入して、帰宅する。

 夕食はちらし寿司。寝かしつけ。

|

2016.03.04

バックトゥザフューチャー3から甲子戦争へ

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年3月2日(水)はれ

 昼から洛中研究室に行って、ゼミ。ほがらかな会。バックトゥザフューチャー3を主題とす。ご都合主義満載ながら伏線が多くあり、かなり好き。

 夜はくずし字初級会。序文が終わって、本文に入る。「後の五月」が閏5月の意だとか(慶応元年の史料だから)、「令渡海(とかいせしめる)」と読めるけど、本人が渡海しているのに「令(せしめる)」なんか使うかなぁなど話題となる。

 申しませんでしたが、奇兵隊は甲子戦争(所謂禁門の変)で上洛してないので、どの隊と勘違いされたのでしょうね、そのインタビュー。

 

|

2016.03.02

石碑は生命を守ることに感じ入る

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年3月1日(火)はれ

 お昼から「日本の歴史、いま・あのころ」に出講。

 いつもの注目すべき新聞記事(京都、朝日)へのコメントは、石清水八幡宮建造物の国宝指定の続報、妙満寺跡の発掘調査、文化庁が京都市に来る件、渋谷向山古墳(宮内庁陵墓のうち「景行天皇陵」)への学会立ち入り、津波石碑建立地の犠牲者が非建設地域と比して4分の3少ないという成果など。石碑に関心をもつと生命維持につながるとは意義深い話。

 河畑鎭さんがご参加。終了後、東九条研究会の次回の打ち合せを少々。そのあといつもの店で理容。店で高齢男性に上着を置き引きされる。そういうことがあるのやねと、感じ入る。しょうがないから1着上着を急遽買いに行く。

 移動の電車内では、内田樹・白井聡『日本戦後史論』(徳間書店、2015年)を読む。

 娘のお風呂入れに間に合わず。寝かしつけと絵本読み聞かせ。今夜は『まんが日本昔ばなし』のなにか(忘れた)。

 寝落ちず頑張って起きて、確定申告作業。

|

2016.03.01

大河「勝海舟」を観て云々

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年2月29日(月)あめ

 「都名所図会をあるく」の日だが、雨天のため中止。本日、予期せず内勤に変わる。主に確定申告の書類など。

 昼食時、観れてなかったNHK大河ドラマ「勝海舟」総集編前篇を観る。1974年の作品とは思えない優れたもの。というより、なにしてんの、いまの大河(「花燃ゆ」にいっとる)。少し前に観た後篇では、文久2年(1862)の大政奉還論が細かく描写されていた。1974年の大河でそんなことをしていたのかと感嘆。この話、なぜその後一般に膾炙しなかったのだろうかと不審である。

 また龍馬殺害を薩摩実行犯(中村半次郎)で描かれていたことに衝撃。全く知らなかった。こりゃ故西尾秋風さんのお仕事に影響与えてたんやろうなと、いまさらながら。

 もちろん薩摩島津家が龍馬殺害に実行も黒幕も関係していないとは、すでに当然のこととして。

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »