« 豊臣期十口がどこかを考えた | トップページ | 妙満寺跡、桓武朝、新選組の「攘夷」 »

2016.02.27

近江屋新助から法雲寺、行願寺へ

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

Cchlpvjuuaevnrx


2016年2月26日(金)はれ

 午前中、くずし字研究会に出講。「安場老人」を安場さんという高齢者と単純に理解していたのだが、メンバーの指摘で、安場村の高齢者と解することにした。宛先の方の所在地と近接地やからね。

 本日の課題の史料は、誠に得難いもの。これはすごい。きっと博物館展示クラスだな。量も抜群なので、2回に分けないかとメンバーに言われる。

 終了後、人を誘って裏寺町喜の屋に移動して昼食し、近江屋新助跡で喫茶。向かいが土佐屋敷跡なので写真を撮る(掲示したもの)。そののち法雲寺に昨年拙法人が建てた石碑、行願寺(革堂)の喜捨物を拝観する。

 妻子と皮膚科で合流し、御陵のロームで名物のチーズケーキを買い、おでんの夕食のあと食す。有名なロームのチーズケーキを初めて食した。本日も娘を風呂に入れ、寝かしつけ。絵本は本日幼稚園から頂いた新作品。寝落ち。

 

|

« 豊臣期十口がどこかを考えた | トップページ | 妙満寺跡、桓武朝、新選組の「攘夷」 »