« 日記2016年1月8日~11日条 | トップページ | 史蹟創出、源義経、鳥羽伏見戦争 »

2016.01.14

肥後鹿子木荘と伏見寺田屋伝説

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2016年1月12日(火)はれ

 いつもの「日本の歴史、いま・あのころ」に出講。寄進地系荘園の代表、肥後国鹿子木荘を話題にした。東寺百合文書のうちの有名な史料を使って。

 夕方、烏丸頭の大学に出講。洛南伏見寺田屋の由緒の創出過程を論じる。これも論文化してないとまた反省。拙著『京都の江戸時代をあるく』(文理閣、2008年)、文化庁近代遺産報告(政治の分野、2014年)にまとめただけ。その後も情報増えてるし、論文にしとかなな。もう数え50歳に及んだし、いつ落命するか分からんから。

 帰途、理髪に行く。夜、娘に読み聞かせ、寝かしつけ。当夜は寝落ちせず、締め切り過ぎた原稿を打つ。

|

« 日記2016年1月8日~11日条 | トップページ | 史蹟創出、源義経、鳥羽伏見戦争 »