« 都名所図会をあるく雨天中止 | トップページ | 都名所図会、厳寒のため休講 »

2016.01.25

河内将芳さん『落日の豊臣政権-秀吉の憂鬱、不穏な京都』を恵贈下さる

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 過日、河内将芳さん(奈良大学)から、

 玉著『落日の豊臣政権-秀吉の憂鬱、不穏な京都』(吉川弘文館、2016年2月)を恵贈戴いた。ありがとうございます。

サブタイトルにもあるように、あらたな豊臣京都論である。

 秀吉といえば大坂だというイメージがいまだつよい。

 しかし関白であった秀吉にとって京都が無視できるわけがないし、

 亡くなったのが洛南伏見であったこともあわせれば、大坂だけに注目してよいわけがないことは明白である。

 内容はもちろんであるが、健筆のご姿勢もまた学ばせていただかなくては。

 河内さんは、ほとんど毎年のように論文はもちろんだが、単著をお出しである。なんという健筆。

|

« 都名所図会をあるく雨天中止 | トップページ | 都名所図会、厳寒のため休講 »