« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015.12.31

年末は越前一乗谷へ

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2015年12月28日(月)~29日(火)

 娘と妻と義母とともに越前に入る。初日は勝山市の恐竜博物館、宿泊は東尋坊温泉のあるホテル。

 二日目は一乗谷朝倉氏遺跡。僕はたぶん20年ぶりではないか。3回目。復元建物館は前日から休館期間に入っていると承知で訪問。

 下城戸の堀の東端が一乗谷川につながっていたとは恥ずかしながら知らなかった(現地の解説板で知る)。喰い違い土塁による出入り口で、なるほど要害だと感じる。

 防衛施設である城戸に接して大甕を複数持つ民家があるというのは、洛東山科本願寺の第一郭南西隅の土居きわと同一で実に興味深いと思えた(1997年の発掘調査成果)。

 帰りの電車に遅れることは絶対に避けたかったので、朝倉義景邸跡から早めにタクシーを呼ぶ。予想外に約束通り来てくれたため、40分も一乗谷駅で電車を待つことになった。も少し遅れてくれたら上城戸にもよじ登れたのにというのはない物ねだり。

|

2015.12.28

天誅組再考をふたたび

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 昨夜も悩んだ天誅組再考を。

 

 1960年代以前の明治維新史研究の問題意識として、変革主体者が誰であるかがあった。そして革命段階論的に下からの革命(ブルジョア革命)であることが望まれたため、農民が多く参加している天誅組と生野の両乱は研究対象となりえた。

 

 ただし指導した下級武士層が農民を利用しただけだったので、それに気づいて逆襲され挙兵は失敗に終わった。愚かな奴らだという低い評価でしかなかった。とはいえこの文久3年の段階で「討幕の勢力配置の見取図がほぼできあがった」(堀江英一『明治維新の社会構造』)と位置づけられたので、討幕の先駆という評価は得た。

 

 以上の学史をふまえて、何を克服しなければならないかを意識し、ようやく天誅組・生野の両乱は研究対象となりえる。個別の事実を明らかにするだけでは学問的とはいえない。

 

卒業論文に立ち向かっているころ、なぜ天誅組・生野両乱を論じる研究者たちはその指導者たちを悪しざまに書くのかが理解できなかった。以上の学史をふまえてみて初めて理解ができる。そして当時思った、何かがおかしいという感覚も克服できて初めて正しかったといいえる。というのは2000年近くになってようやく分かってきたこと。青山忠正氏『明治維新と国家形成』(吉川弘文館、2000年)を参照。

 

そもそも農民を動員し失敗したことを善悪で論じる必要はない。戦略上の問題として認識すればよいこと。そもそも幕末の挙兵に農民が参加しないといけない必然性もない。ある時期の西洋を模範にしたあるべき革命像が前提にあったから。それを排除し日本独自の幕末政治史を理解しようとすべきであった。

なお僕の卒論の対象は池田屋事件だった。天誅組や生野の乱ではなかった。が、高木俊輔氏『明治維新草莽運動史』に導かれ、同様の論点で池田屋事件をまとめようとしていたため、両事件に関する論文をわりと読んだ。結局は消化できずで、あらためて池田屋事件は別の切り口を考えないといけなかった。

 

1990年12月に提出した卒論をA先生にお見せしたところ、野呂栄太郎以来の日本資本主義論争から学びなおせとご指導いただいた。当時はその意味するところがいまひとつ理解できていなかったが、その後「明治維新の史学史」を発表され、当時先生自身がその件に立ち向かっておられたのだと知った。

|

2015.12.27

2015年12月26日の中村武生

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2015年12月26日(土)はれ

 毎日文化センター大阪教室に出講。日本史講座は、奈良時代末期の光仁天皇から桓武天皇朝。長岡廃都まで。また河内交野の郊天祭祀にふれる。禁野本町遺跡(おそらく百済王氏邸宅跡。大阪府枚方市)の壊滅をなげく。

 新選組講座は、清河八郎ら浪士組建白の話。これが会津侯松平容保に与えた影響などについて考えてみた。

 夕方から西宮市の「みつや」さんで忘年会。

|

2015.12.26

天誅組を再考するために

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 昨日はいまさらながら、堀江英一『明治維新の社会構造』(有斐閣、3刷1955年)を読む。天誅組をなぜ再考すべきかというところで、1960年代までの改革主体者論(下級武士と豪農層の提携により維新はなされた=改革派同盟論)を批判しないといけなかったから。

 天誅組は倒幕の先駆者だった論もこれ以前の話をいまだに引きずっているわけだ。

|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »