« 新選組の解散示唆の頃の政治史を論ずる | トップページ | 内山永久寺跡を学生と巡検 »

2015.10.07

長州征伐に対する尾張慶勝の文書を読んだ

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 「くずし字初級会」に出講。幕末、元治元年下半期の2文書を読む。

 まず尾張慶勝が、征長総督を引き受けるにあたって、徳川政府に要求した文書のつづき。

 出兵を求められた大名の不満が徳川政府に及ぶことをおそれ、江戸に住む妻子の帰国を求めた条。尾張家自身はその儀に及ばずと申し出る。

 もいっこは、安芸広島侯浅野茂長家臣が、毛利家の益田右衛門介以下三家老の首級を受け取るところでのもめごと。これはつづき来週。

|

« 新選組の解散示唆の頃の政治史を論ずる | トップページ | 内山永久寺跡を学生と巡検 »