« 幕末国事殉難者の靖国合祀について | トップページ | 撤去しました。「小松帯刀寓居参考地」碑 »

2015.07.31

天誅組研究のあらたな切り口を求めて

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 昨日、京都新聞文化センター「吉田松陰と門下生のみた洛中洛外」に出講。 今回は「八月十八日政変から京都進発へ―久坂玄瑞の転向」というタイトル。

 そこである史料を読んでいて、久坂玄瑞が但馬生野挙兵に反対したという通説の典拠とは何であったか、疑問がわいた。

 通説では、生野挙兵に三条実美は参加希望だったが、久坂が反対したため実現しなかった。そのため別の七卿のひとり沢宣嘉や、2代目総督河上弥市、白石廉作ら奇兵隊士が脱走して挙兵に参加したと理解されてきたはず。

 が、その史料を読んでいて、実は久坂も挙兵そのものには反対していないのではないかという感じを受けた。

 その史料により、天誅組の乱は、結果として八月十八日政変後の久坂玄瑞の政局打開戦略に入っていると気づいた。天誅組は早くに破陣したからか、見落とされている。このあたりが天誅組再評価のカギでもある。

 天誅組挙兵について、「討幕の先駆」「早すぎた討幕軍」などという戦前以来の評価はすでに困難となっており、新たな切り口をずっと求めてきた。先日の某家史料もそうだが、ようやく見えてきた感がある。

 このあたりを今秋の天理大学講演で語る予定。もうすぐ受講募集が始まる(無料のはず)。

天理大学、大和学への招待「大和の歴史と人物」

中村武生「坂本龍馬があこがれた?戦争—天誅組の乱を見なおす」

日 時:2015年10月18日(日) 午後1時30分~3時
内 容:天誅組の乱は、古く討幕の先駆と評価され、「義挙」と呼ばれました。が、いま新たな視点が求められています。坂本龍馬にも影響を与えたといえる天誅組の可能性を探ります。
会 場奈良県経済倶楽部(ひがしむき商店街 経済会館5階大会議室)

http://www.tenri-u.ac.jp/lifelng/dv457k000000cobp.html

|

« 幕末国事殉難者の靖国合祀について | トップページ | 撤去しました。「小松帯刀寓居参考地」碑 »