« 『「朝敵」と呼ばれようとも』を恵贈される | トップページ | 洛東山科毘沙門堂で紅葉を楽しむ »

2014.11.24

3日連続、天誅組論を展開

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年11月22日(土)はれ

 午後から毎日文化センター大阪教室に出講。

 日本史講座は、魏志倭人伝と邪馬台国。景初3年(239年)の難升米の遣使で時間切れ。

 坂本龍馬講座は、龍馬からみた天誅組の乱と石田英吉。後者はかなり感情が出たな。お恥ずかしい。

 本日のおみやげは、ハンバーグととんかつ、焼きそば。けっこう美味で、お嬢さん良く食べた。寝かしつけできる。

2014年11月23日(日)はれ

 午後からキャンパスプラザ京都での、「幕末政治史の中の新選組」に出講。今回の時期は、芹沢鴨死後、文久3年9月下旬から10月まで。

 この時期、大和では天誅組が諸侯と交戦・壊滅する。天誅組を近藤勇らはどう見ていたかということを考えてみた。3日連続、天誅組を話すことになった。一度、天誅組についてはちゃんとまとめておかないといけないと痛感。

|

« 『「朝敵」と呼ばれようとも』を恵贈される | トップページ | 洛東山科毘沙門堂で紅葉を楽しむ »