« 修学寺村から八瀬、霊山に | トップページ | 豊臣秀次供養墓発見報道を受けて »

2014.08.21

松陰と石碑銘と土石流災害と

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年8月19日(火)

 朝1番にキャンパスプラザ京都に行き、情報が届かなかった方々にわびる。するとM本さんが先に行っていてくださって、来訪者にすでに通知してくださっていた。感謝。

 NHK文化センターに出講。吉田松陰と杉文講座。今回は松陰の人権意識について、同囚高須久、宮番登波、実弟杉敏三郎、門弟吉田稔麿を取り上げる。

 昼は二条室町のブルービートでランチ。本日はすこし遅くても売り切れてなかった。

 午後から洛中研究室で石碑銘文にあたる。やっとできる。帰宅し推敲し、担当Kさんに送る。

同年8月20日(はれ)

 朝、広島市での土石流災害のニュースにくぎ付けになる。

 そろそろ外勤に出ようとしたら、二件も重要なメール・電話が入っててんてこ舞いとなる。ひとつはC新聞からの取材依頼。

 午後から洛中研究室でゼミ。今朝の土石流災害を話題にする。ハザードマップの活用など。

 夕方、C新聞記者さん来訪。少し歓談。夜、木屋町六角「R馬」に寄り、用事する。

 

|

« 修学寺村から八瀬、霊山に | トップページ | 豊臣秀次供養墓発見報道を受けて »