« 幕末な生活つづく | トップページ | 都塚とか秀次とか吉村貫一郎とか »

2014.08.26

八瀬で楢崎将作の墓参

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

8


8月24日(日)

 外勤がなかったので、ずっと家にいた。

8月25日(月)あめのちはれ

 「都名所図会をあるく」に出講。天候ややこしかったのに、けっこうお越しになる。八瀬から大原へ。

 玉山稲荷社が旧八瀬遊園にあったと、竹村俊則の校注本にあったので、その跡地にあるエクシブ京都・八瀬離宮に残されているのか訪ねたが、すでに無し。「都名所図会」によれば、もと内裏にあった祠で、享保年間に高野村に移った由。もったいないね。

 いったいどうなったのか、調べてくれると担当さん(女性)。ありがとうございます。丁寧に対応くださいました。

 そのあと八瀬旧集落まで歩いた。竃風呂(京都市登録文化財)を拝観。ほんまは大原に入るべきなのだが、時間がなく、裏寺町蛸薬師から移転した西林寺に行く。もと寺町寺院だしというのと、坂本龍馬妻の実家楢崎将作とその先祖の菩提寺というので。「楢」文字だけ見える墓石を拝む。ほんとに楢崎将作の墓碑か分からないけど。

 そのあとバスに乗って洛西へ。午後2時からK家文書調査に従事。既知でない大事な文書一通確認す。

|

« 幕末な生活つづく | トップページ | 都塚とか秀次とか吉村貫一郎とか »