« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014.04.29

関東でスタジオ収録に参加してました

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 関東に下っておりました。昨夜帰りました。NHKテレビのスタジオ収録のためです。渋谷の神南におりました。

 スタジオ収録は2007年のKBS京都以来です(あのときは生放送でしたが)。

 控室を用意してもらったり、楽屋弁当をいただいたり、メークをほどこしてくださったりと、非日常を体験しました。

 放映は5月22日予定です。

|

2014.04.23

官兵衛の伏見から旧石器人骨へ

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年4月22日(火)はれ

 

 午前中、京都シニア大学に出講。1年に1度お招きいただいている。「黒田官兵衛のみた洛中洛外ー伏見城と城下町を中心に」と題した。最後時間たらず、おおあわて。

 午後はいつもの中村武生の日本の歴史いま・あのころ講座(第3回)に出講。冒頭の最近のニュースは、洛東御陵の本圀寺経蔵(国重文)公開、近江甲賀であらたな城郭跡発見、「斎藤一」名ある明治初期警視庁名簿発見の3つを取り上げた。

 本題は、「旧石器時代」その3。幻となった旧石器人骨のおはなし。やっと縄文時代に入った。

|

2014.04.21

山城槙島城から筑前福岡大宰府へ

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年4月10日(木)

 京都新聞文化センターに出講。新年度開始。でもかわらず黒田官兵衛の城と合戦。担当Y田Mどりさんが移動になった。いろいろ変化があった。

 お題は足利義昭と信長、最後の戦い。山城槙島城の戦い。次回は巡検。信長本陣跡から槙島城跡まであるく予定(現在の京都府宇治市域)。

 移動先のY田さんを訪ねたのち、出版部で拙著1冊を手に入れる。久しぶりにN井さんに会えた。もう二児の母になられる。年をとった。

 秋(10月11日~13日)の筑前福岡・大宰府旅行(中村武生とあるく)の具体を考える。ようやくコースができた。肥前名護屋城跡まで足をのばすことにした。黒田官兵衛を意識しつつも、古代から幕末までのさまざまを入れた。かなり楽しそうだ。どうぞおこしください。

|

2014.04.20

時間いっぱい歴史地理学

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年4月9日(水)

 京都女子大学に出講。本年度、最初。「歴史地理学」。初回なのに、時間いっぱい話してしまった。ごめん。

 午後から中村武生歴史地理研究室のゼミ。M本さん、復活。終了後は小宴と化した。

|

2014.04.18

龍馬の新出書翰発見の報に接して2日目

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年4月8日(火)はれ

 岡田有希子(佐藤佳代)さんの29回忌。

 朝起きて、すべきことあるのに、昨夜の龍馬の新出書翰(草稿)の翻読を続ける。今朝の京都新聞にも報じてあった。全体の写真が入っていたので、テレビ映像では見えなかった部分が確認できた。

 新講座「日本史、いま・あのころ」に出講。龍馬の書翰釈文(暫定)を配って、思ったことを話す。本題は「旧石器の発見」。喜田貞吉や浜田耕作が承認されなかったことを、どうして相沢忠洋が認められたかというところでタイムオーバー。

 終了後、ふたりのKさんとNPO法人伏見観光協会(Nさん)や伏見区役所地域力推進室(ふたりのTさん)に行って、いろいろ打ち合わせ。

 新伏見区長の久保宏さんにもお目にかかれた。2009年の京都新聞の連載「中村武生さんとあるく洛中洛外」をご覧いただいていたようで、こちらから申し上げてないのに語られた。光栄。

 さらに終了後、ひとりのKさんと藤本鉄石の京町大手筋の寓居跡そばで懇親。

|

2014.04.17

知恩院の「殉難忠士之墓」碑ってなんだ?

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年4月7日(月)はれ

「都名所図会をあるく」に出講。知恩院境内をけっこうくまなくあるいた。

 恥ずかしながら鐘楼前で、慶応4年中秋建立の「殉難忠士之墓」にはじめて気づいた。戊辰戦争戦死者の招魂碑だが、なんだろ、これ。河東招魂社や霊明舎、東山招魂社が存在するのに、知恩院でもですか。

 そういえば龍馬の40年祭も、霊山とは別に知恩院で行われていたな。知恩院って、殉難者慰霊に重要な場所って認識されてるのか?

 終了後、裏寺町のお好み焼き店「喜の家」で懇親。

 夜、坂本龍馬の新出書翰(草稿)発見のニュースに接する。後藤象二郎宛の慶応3年11月初旬のもの。他界の1週間前ぐらい。偽文書かもと疑い、複数のテレビ映像を撮影し、翻読に挑戦する。

|

2014.04.16

中村武生の最近の座学・巡検

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

<現地をあるいてみましょう> ※特に記載なければ講師はすべて中村武生。

「都名所図会」をあるく―左青龍編(巻之三)

第31回 洛東蹴上あたり

本年4月21日(月)午前10時~12時。

集合:京都市営地下鉄蹴上駅改札。午前10時までに。

行き先予定: 粟田神明宮(日向大神宮)、天智天皇陵など

雨天中止。千円。参加自由。予約不要。

※コースは変更する場合があります。

原則毎週月曜日の午前中。次回は5月4日(日)。そのつぎは5月5日(月・祝)

 

徳川初期京都の武家屋敷跡をあるく

※伊達秀宗・毛利秀元・蜂須賀忠英邸跡などをあるきます

日時:本年4月19日(土)午前10時~午前12時

集合:京都市営地下鉄五条駅、午前10時までに

○予約不要 ○雨天中止 ○参加費:千円(現地でお支払いください)

 

御土居堀をあるく―都市に埋没した城壁・環濠の痕跡をさがす

 ※豊臣秀吉期に構築された京都の城壁・環濠の跡地を1周しています

本年4月20日(日)午前10時~12時

集合:北野天満宮一の鳥居前、午前10時までに。

行き先:御土居堀の旧蹟地を南へ進みます

○参加自由。予約不要。 ○雨天中止 ○参加費:千円(現地でお支払いください)

平安京の大路小路をあるく

第11回 二条大路、その1

本年5月11日(日)午前10時~午前12時

集合:京都市営地下鉄京都市役所前駅改札、午前10時までに

○小雨決行 参加自由。予約不要。○参加費:千円(現地でお支払いください)

※東京極大路から二条大路を西へ向かう。

 

中村武生とあるくマニアな幕末史蹟A班(新選組コース)

第7期第1回のご案内

「大坂力士とのケンカ、および石蔵屋事件をあるく」

<行き先>浪士逮捕地(石灰町)、大利鼎吉遭難地碑、蜆橋跡など

日時:本年5月25日(日)午後1時~夕方

※参加費:2千円

※定員20名、※注意、要予約 ※雨天決行

<室内でじっくりまなびましょう>

中村武生の日本の歴史、いま・あのころ

 第3回「幻となった旧石器人骨」など

新聞に載った最近の日本史ニュースの解説と高校日本史レベルの講義を行います

日時:本年4月22日()12時50分~午後2時(1時間強)

会場:キャンパスプラザ京都(4階第4講義室) 

(京都市下京区西洞院塩小路下ル東側。JR京都駅中央改札から西へ徒歩4分)

受講料:1回500円(参加自由。予約不要。会場でお支払いください)

次回は、4月29日()12時50分~2時です。原則毎週火曜日の同じ時間です。

 

幕末政治史の中の新選組-歴史地理的視点にこだわって(新選組の歴史地理改め)

第8回 近藤勇の大坂防衛論-文久3年7月(1863年)

 日時:2014年5月18日(日)午後2時40分~3時50分

 会場:キャンパスプラザ京都4階第4講義室

 受講料:1回1,000円(参加自由。予約不要。会場でお支払いください)

 

中村武生のくずし字初級会

 「京都の徳川時代をしろう」

※実際にくずし字を読む演習です。徳川時代中期のデータブックといえる「京都覚書」

の異本を読んでいます。初心者歓迎です。

日時:本年4月19日(土)午後2時40分~4時40分ぐらい

会場:キャンパスプラザ京都・4階第4講義室

受講料:1回1,000円(自由参加、予約不要、会場でお支払いください)

いるもの:鉛筆、けしごむ、原稿用紙、できれば『くずし字用例辞典』(東京堂出版)

 

少人数でまなぼう!中村武生の歴史学入門

開校中。原則毎週水曜日の午後2時から5時ぐらいまで(月3回)。

次回は、本年4月16日(水)です。

会員制・限定5名ていど <入会費不要、月額1万円> 茶菓付

※少人数制ゆえ、細かな点までしっかり学べます。初心者、歓迎

現在『もういちど読む山川日本史』(山川出版社)を輪読しています。その他、くずし字の初級読解や、空中写真の実体視、地形図読解などを行っています。

会場:中村武生歴史地理研究室   ◎申し込みも同所へ。

 

※お仕事でお忙しい方へ朗報! 本年4月20日から日曜日に開校します。

少人数でまなぼう!「高校日本史」を読む

原則月イチの第3日曜日の午後2時から夕方まで

限定5名ていど 1回2,000円。要予約(1回きりの参加OK)

※少人数制ゆえ、細かな点までしっかり学べます。初心者、歓迎

『もういちど読む山川日本史』(山川出版社)を輪読します。

 

会場:中村武生歴史地理研究室   ◎申し込みも同所へ。

元治元年から150年紀念講演会

昨年好評の「文久3年紀念講演会」の続編です

1部〉中村武生「池田屋事件から甲子戦争へ会津と長州の戦いはじまる」

町田明広「元治元年の薩摩藩の動向朝政参与から禁門の変」

〈2部〉対談、町田明広博士(神田外語大学)と中村武生が元治元年を問う

〈3部〉懇親会

 

日時:2014年7月19日()1316

場所:キャンパスプラザ京都(京都市下京区西洞院通塩小路下ル東側)

参加費:1部と2部は3000円。懇親会(3部)5000円。

要予約(shisekitai@nifty.com)

 【速報】

2014年10月11日()~13日(月・祝)

 中村武生と行こう!日本史舞台地の旅

昨年の会津旅行、好評につき、その第2弾です

 場所:博多(福岡)・大宰府・名護屋など(変更があります)

〈予定〉

集合場所:JR博多駅、午後0時。バスもしくは徒歩で移動します。

初日(福岡市内):福岡城跡(黒田官兵衛・長政居城)、鴻臚館跡、崇福寺(黒田官兵衛・長政墓所)、元寇防塁(複数ポイント)、平野国臣誕生地(平野神社)、平尾山荘(野村望東尼居所、高杉晋作ゆかりの地)跡、名島城跡(黒田官兵衛・長政居城)など。宿泊:太宰府市

2日目(太宰府市内):大宰府都府楼跡、観世音寺、筑前国分寺跡、旧延寿王院(太宰府天満宮、七卿や坂本龍馬・楫取素彦らゆかりの地)、水城跡、大野城跡など。宿泊:太宰府市

3日目(佐賀県唐津市鎮西町):名護屋城跡(宿泊地からバスで)。午後、博多駅で解散。

参加費:未定

黒田官兵衛ゆかりの地をふくむ、古代から幕末まで、さまざまな時代を堪能しましょう。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中村武生歴史地理研究室

|

2014.04.13

平安京朱雀大路をあるいた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年4月6日(日)はれ

「平安京の大路小路をあるく」に出講。本日は朱雀大路のラスト。六条坊門小路(現五条通)から九条大路まであるいた。

 集合場所とコピー作業のミスにより、かなりのロスがあったが、受講のみなさんのご理解に救われた。約1時間のオーバー。ありがとうございました。

 島原角屋前に建つ、京都市教育会建立の「東鴻臚館址」碑が、ほんらいの地より、北にけっこうずれているというのがおもしろかった。

 おなじく島原角屋前に建つ久坂玄瑞碑を紹介。来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」ゆかりの地として。玄瑞の子秀二郎の久坂家家督エピソードとともに。

|

2014.04.12

白川橋あたりの明智光秀塚の異同を考えた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 本日午前中、イレギュラーに「『都名所図会』をあるく」を実施した。来週月曜日、都合がつかんから。イレギュラーなのに多くお越しくださる。感謝。

 青蓮院旧境内の金蔵寺跡から光秀塚、尊勝院、粟田神社、仏光寺本廟を巡検した。「都名所図会」が図示する光秀塚の位置は、現在地とことなり、白川橋三条の北東。

 現在地の至近に弘化2年(1845)の「東梅宮社、光秀墳」の道標があるので、都名所図会刊行の安永9年(1780)以後65年の間に新設されたものか?

(注:その後、参加者で友人の竹田滋広さんから指摘があった。

「都名所図会」の続編「拾遺都名所図会」巻二(天明7年〈1787年〉刊行)の「明智光秀塚」の項に経緯が記してあった。もとは粟田口の「黒谷道の東三町計(ばかり)にあり。光秀が首を此所に梟し所なり。近年、明田氏といふ人、此地に住しが、今又白川橋三条の南へ古墳と共に遷す」とあった。

竹田滋広さん、ありがとうございました。)

 至近の和菓子店で光秀饅頭を売っておられる。おススメしておいた。けっこう買われたもよう。

 本編の「都名所図会」はなぜか青蓮院を解説しない。不思議だ。

 午後、大津市歴史博物館の「湖都大津のこもんじょ学」展を観覧した。大津事件にどうも関心があるらしい。不思議に思っている。しかもどうも津田三蔵への関心らしい。

 中村直勝博士の旧蔵書印を久しぶりにみた。うちにもそれが押された書籍が1~2冊ある。ある時期、けっこう京都の古書肆で見かけた。同博士蒐集の源義経自筆書状に感じ入っていた。

 常設展で幕末の大津町の住宅地図といえそうなものがあることを知る。またこよう。

|

2014.04.11

上七軒勝瑠さんの引退を知る

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年4月5日(土)

 名古屋市中区の栄中日文化センターに出講。本日から「吉田松陰と久坂玄瑞」講座開始。1年やる。早くも来年のNHK大河ドラマに関連させて。

 松陰の妹杉文(すぎ・ふみ)が信用できる史料でどこまでわかるか、実は史料は格別に少ない。それゆえ真横にいた二人の男性から照らしてみようというもの。とはいうものの、ドラマの影響でつぎつぎと新たな事実が公表されるだろう。それを楽しみにする。

 今回はその第一回ですから、彼女の生涯の概説がおもになった。とても楽しいウォーミングアップになった。参加者のみなさん、おつき合い下さりありがとうございました。

 終了後、大急ぎで帰京。上七軒のお茶屋大文字の今井さんから、いつものつれづれ会の一環で「北野をどり」に誘われた。少し遅れて参加。

 さらに終了後、大文字で宴会。芸妓の勝瑠さんが結婚のため引退と聞き、衝撃を受ける。見習いさんのときから知っているし、やはり引退した勝江さんと3人で比叡山延暦寺まいりもしたことがある。思い入れが深かったから。

 勝瑠さん、どうぞお幸せに。

|

2014.04.10

孝明天皇の加茂行幸に感動したって

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年4月4日(金)

 午前中、皮膚科に行く。顔面にできものができているので。塗り薬が効果を発揮していること認めてもらえた。でも万一を考えて血液検査をしてもらう。先日、人間ドックで血を取られたのに。また取らんとわからんもんかと不便を感じる。

 午後からくずし字研究会に出講。あいかわらず会津家臣日記。今回は文久3年3月10日~12日条。天子統仁(孝明天皇)の加茂行幸。将軍家茂や水戸慶篤、一橋慶喜らが乗馬で供奉した。

 記主は「誠に物にたとえ(がたい)、筆紙に尽くしがたき御事ども也」と記した。感動したんだな。なんせ天子(天皇)は行幸しなくなって久しいから。徳川初期の天子政仁(後水尾天皇)の二条城行幸以来、約230年ぶりのことだから。

|

2014.04.09

NHK歴史秘話ヒストリアに出てました

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 NHK歴史秘話ヒストリア(秀吉の愛した京都)に出てました。本編わずかしか出てないのに、予告編や冒頭に出てきたのは違和感がありました。が、たぶん担当さんが気を使ってくださったのでしょうね。

|

2014.04.08

岡田有希子さんの29回忌です

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 本日4月8日は岡田有希子(佐藤佳代)さんの29回忌です。忘れてはいけませんので記します。

|

2014.04.06

鎌倉初期を草燃えるを通して語る

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年4月3日(木)

 4月1日(火)~2日(水)は既述のため略す。

 NHK文化センター京都教室に出講。日本史講座。今回は鎌倉初期。比企の乱から和田合戦まで。次回、実朝暗殺と承久の乱。

 大河ドラマ「草燃える」(1979年)の話をいっぱいしている。比企能員は佐藤慶、和田義盛は伊吹五郎、三浦義村は藤岡弘、、北条義時は松平健、源頼家は郷ひろみ、実朝は篠田三郎とか。

 昼食に裏寺町錦小路のなじみのお好み焼き屋さんに行ったら、かなりご無沙汰だったらしく(自覚がない)、えらい歓迎を受けた。ありがたいことだ。

|

2014.04.05

人間ドックに行った

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年3月31日(月)はれ

 人間ドックに行った。毎年1回。今年は3日目。

 へろへろになった。それほどでもないとはいえ、やはりバリウムや胃の検査はしんどいです。

 数値はよかった。体重減ったせいだといわれた。あと5キロやせぃといわれた。してみたいもんだ。

|

2014.04.04

幕末政治のなかで新選組を考える

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年3月30日(日)

 「幕末政治のなかの新選組」に出講。本日は、文久3年6月初旬(1863年)、大坂で「天下浪士」を名乗る浪士の鎮撫のため10名の壬生浪士が下坂する。

 それに成功し、大坂町奉行所に引き渡したあと、力士にからまれて、相手に死傷者を出すケンカをおこした。

 それ自体は大きな意義はみいだしてないが、そのころ日本全体はどんな動きがあったかかを重要視している。

 同年3月4日以来、将軍が在京している。5月10日、攘夷期限となり、同日から長州下関で戦争が起きている。それに将軍以下徳川公儀はどう対応するか、江戸城に戻って総指揮をとるのか、在京しつづけるのかが課題となっている。

 6月1日、越前福井では、京都政局に絶望した急進派(横井小楠グループ)による、攘夷主義を否定し、朝廷を核とした徳川・有力諸侯の連合政体(「共和一致」)樹立をねらった当主松平茂昭か父春嶽の率兵上京のクーデター計画が論じられた。

(これはその後薩摩島津家や肥後細川家と連携したため、在京の攘夷主義者たちに脅威を与え〈春嶽宿舎予定の高台寺が放火されるなど〉、攘夷親征祈願の大和行幸計画の強行につながる。すなわち八月十八日政変の導火線ともなる。)

 江戸からは老中格小笠原長行が将軍帰東をあおるため、率兵上京を目指している。大坂をへて、6月2日、河内枚方まで来た。若年寄稲葉正巳が派遣され、上京を押しとどめる。しゃれにならない。

 芹沢鴨・近藤勇らが浪士鎮撫のため大坂へ入るのがこの2日だから、まったくこの騒動のなか、同じ枚方を通過している。

 なお6月1日、下関では、初めて長州軍がアメリカ軍艦に敗れた。庚申・壬戌の2艦が沈没し、癸亥も大破した。

 3日が話題の浪士鎮撫および力士とのケンカ。江戸では大火があり、江戸城二の丸が延焼した。

 小笠原長行は制止をふりきって、山城淀まで進む。4日、老中水野忠精が会津家臣小野権之丞らをともない淀に到着。やはり入京制止する。

 この騒ぎのなか、壬生浪士は帰京する。淀を通過して。

 5日、近藤勇は、武州多摩郡小野路村の小島鹿之助宛ての、ことの経過を記した書翰を書く。同じ日、下関では長州がフランス軍に敗れ、ついに下関砲台が占領された。

 こんな感じ。次回は来月。ようやく将軍は江戸へ戻る。小笠原を罰しないといけないし、二の丸の焼失も気になる。

 これを受けて近藤勇はどう動くか。当然ともに帰東すべきだろう。が、戻らない。将軍不在なのに在京する、あらたな論理の構築が必要。

 また長州の敗北は、とうぜん攘夷を目指す壬生浪士にもショックのはずだ。

 幕末政治のなかで新選組を考える。実に新鮮だ。

本日、受講者平鈴子さん(岡山新選組準備会会員)から、玉著『その後の手代木直右衛門~「坂本龍馬を斬った男」の兄が岡山で生きた明治~』(私家版、2014年3月)を恵贈された。ありがとうございます。勉強させていただきます。

 そのあと、西上された渡邊大門博士と懇親。明日僕は人間ドックなので、飲めず。残念でならなかった。

|

2014.04.03

甲州柏尾の近藤勇を考えた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年3月29日(土)

 栄中日文化センター(名古屋市中区)、新選組講座に出講。今回が最終回。

 が、不満轟々。それで終わるなあという感じ。ここまで異常にていねいにしてきたのに、戊辰戦争をほとんど1回でまとめたため。

 戊辰戦争における新選組だけでいつか半年するとみなさんに約束。誠に申し訳ありません。たしかにしたいです。

 最終回なので、なぜこれまで新選組は学問の上で語られなかったのかを論じようと、奈良本辰也(故人)の新選組論をしたのたが、かれんさん(漫画家)から強いダメ出しがあった。わざわざN県から受講されていたKさんも、沖田総司が出ない、永倉新八が出ないとご不満あり。

 時間不足のなか、今回は甲州柏尾での近藤勇・土方歳三を深く考えた。近藤勇らは前将軍慶喜の意を汲んだ大久保一翁の思いを受けて、ほんとうに甲州を鎮撫に行ったと考えられないか、とりあえず勝義邦(安房守、海舟)によって江戸からていよく追っ払われた(甲府城を乗っとれ)は採用しなかった。

|

2014.04.02

摂海の砲台跡のそばで

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 昨日から本日にかけて、幕末の摂海防衛のひとつ、摂津湊川崎砲台跡ちかく(アンパンマンミュージアム)と有馬温泉・王子動物園に行っておりました。ハーバーランドの観覧車は、砲台跡など摂海ラインを見るに都合のよいものですね。

 

 

|

2014.04.01

最近の中村武生の座学・巡検

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

<現地をあるいてみましょう> ※特に記載なければ講師はすべて中村武生。

「都名所図会」をあるく―左青龍編(巻之三)

第29回 知恩院から青蓮院旧境内へ

本年4月7日(月)、午前10時~12時。

集合:京都市営地下鉄東山駅改札。午前10時までに。

行き先予定:華頂山大谷寺知恩教院、白川の水上、東三条金蔵寺御猿堂、粟田天王社など

雨天中止。千円。参加自由。予約不要。

※コースは変更する場合があります。

原則毎週月曜日の午前中。4月14日はお休み。次回は4月21日()

 

中村武生とあるくマニアな幕末史蹟A班(新選組コース)

第7期第1回のご案内

「大坂力士とのケンカ、および石蔵屋事件をあるく」

<行き先>浪士逮捕地(石灰町)、大利鼎吉遭難地碑、蜆橋跡など

日時:本年5月25日(日)午後1時~夕方

※参加費:2千円

※定員20名、※注意、要予約

※雨天決行

 

平安京の大路小路をあるく

第10回 平安京のまんなか、朱雀大路・その2

本年4月6日(日)午前10時~午前12時

集合:JR二条駅改札、午前10時までに

○小雨決行 参加自由。予約不要。○参加費:千円(現地でお支払いください)

※朱雀大路跡(ほぼ現在の千本通)の六条坊門小路跡交点から、南へあるきます。

 

御土居堀をあるく―都市に埋没した城壁・環濠の痕跡をさがす

 ※豊臣秀吉期に構築された京都の城壁・環濠の跡地を1周しています

本年4月20日(日)午前10時~12時

集合:北野天満宮一の鳥居前、午前10時までに。

行き先:御土居堀の旧蹟地を南へ進みます

○参加自由。予約不要。 ○雨天中止 ○参加費:千円(現地でお支払いください)

 

<室内でじっくりまなびましょう>

中村武生の日本の歴史、いま・あのころ

旧石器時代の発見」など

新聞に載った最近の日本史ニュースの解説と高校日本史レベルの講義を行います

日時:本年4月8日(火)12時50分~午後2時(1時間強)

会場:キャンパスプラザ京都(4階第4講義室) 

(京都市下京区西洞院塩小路下ル東側。JR京都駅中央改札から西へ徒歩4分)

受講料:1回500円(会場でお支払いください)

 

次回は、4月15日()12時50分~2時です。原則毎週火曜日の同じ時間です。

 

中村武生のくずし字初級会

 「京都の徳川時代をしろう」 

※実際にくずし字を読む演習です。徳川時代中期のデータブックといえる「京都覚書」の異本を読んでいます。初心者歓迎です。

日時:本年4月19日(土)午後2時40分~4時40分ぐらい

会場:キャンパスプラザ京都・4階第4講義室

受講料:1回1,000円(予約不要、会場でお支払いください)

持参するもの:鉛筆、けしごむ、原稿用紙、できれば『くずし字用例辞典』(東京堂出版)

 

幕末政治史の中の新選組-歴史地理的視点にこだわって(新選組の歴史地理改め)

第7回 近藤勇の思想転回、将軍不在の京都で-文久3年6月(1863年)~

 日時:2014年4月13日(日)午後2時40分~3時50分

 会場:キャンパスプラザ京都4階第4講義室

 受講料:1回1,000円(参加自由。予約不要。会場でお支払いください)

 

少人数でまなぼう!中村武生の歴史学入門

開校中。原則毎週水曜日の午後2時から5時ぐらいまで(月3回)

会員制・限定5名ていど <入会費不要、月額1万円> 茶菓付

※少人数制ゆえ、細かな点までしっかり学べます。初心者、歓迎

現在『もういちど読む山川日本史』(山川出版社)を輪読しています。その他、くずし字の初級読解や、空中写真の実体視、地形図読解などを行っています。

会場:中村武生歴史地理研究室   ◎申し込みも同所へ。

 

※お仕事でお忙しい方へ朗報! 本年4月から日曜日に開校します。

少人数でまなぼう!中村武生の歴史学入門

原則月イチの第3日曜日の午後2時から夕方まで

会員制・限定5名ていど <入会費不要、月額1万円> 茶菓付

※初日は、4月20日()です。

※少人数制ゆえ、細かな点までしっかり学べます。初心者、歓迎

『もういちど読む山川日本史』(山川出版社)を輪読します。その他、くずし字の初級読解や、空中写真の実体視、地形図読解などを行います。

 

会場:中村武生歴史地理研究室   ◎申し込みも同所へ。

 

元治元年から150年紀念講演会

 

  ※昨年好評の「文久3年紀念講演会」の続編です

〈1部〉

 中村武生「池田屋事件から甲子戦争へ―会津と長州の戦いはじまる」

 町田明広「元治元年の薩摩藩の動向―朝政参与から禁門の変」

〈2部〉

 対談、町田明広博士(神田外語大学)と中村武生が元治元年を問う

〈3部〉

 

 

懇親会

 

日時:2014年7月19日(土)13~16時

場所:キャンパスプラザ京都(京都市下京区西洞院通塩小路下ル東側)

参加費:1部と2部は3000円。懇親会(3部)は5000円。

要予約(shisekitai@nifty.com)

 

 

 

【速報】

 

2014年10月11日()~13日(月・祝)

 

中村武生と行こう!日本史舞台地の旅

 

 昨年の会津旅行、好評につき、その第2弾です

 

場所:大宰府・久留米(福岡県)などの予定

 

 古代から幕末まで、さまざまな時代を堪能しましょう。

 

 

中村武生歴史地理研究室

|

将軍初参内に喜ぶ会津家臣

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年3月28日(金)

 くずし字研究会に出講。会津家臣日記を読んでいる。文久3年3月6日~7日(1863年)条。

 攘夷方針の決定を受けて、会津侯松平容保は在京浪士を組織し攘夷の先鋒として指揮したいと述べている。足利将軍木像梟首事件によって容保は浪士との対話をやめたという通説は事実ではない。

 今回は将軍家茂の初参内。天子統仁(孝明天皇)から「これまでどおり、征夷大将軍として外夷に対して(その備え)ますます精を入れよと、諸事を任せる勅命を受けたとして、

「誠にもって千秋万歳、めでたき御代になるぞ!とみなが万歳と言った」と記主は日記に書き、当人をはじめ在京の会津家臣は各所で酒盛りをした。記主は夜中まで大酔いした、とある。

 そんな単純ではないとわかるのはもっとのち。けれどこの日の会津家臣の喜びは記憶にとどめておくべきか。

|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »