« 安和の変をあるいた | トップページ | 将軍初参内に喜ぶ会津家臣 »

2014.03.31

三木城跡をあるいた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2014年3月27日(木)はれ

 京都新聞文化センター「黒田官兵衛の城と合戦」講座に出講。

 本日は巡検。兵庫県三木市へ。昨年国史跡に指定された三木城跡のうち、本丸遺跡・二の丸遺跡、および羽柴秀吉陣所跡と考えられる平井山ノ上付城に行った。

 僕は10年ぶり。そのときは、三木市教育委員会の方に車で各付城跡を案内いただいた。当時国史跡を目指しておられた。それが実現して改めてうかがったので、感慨深かった。

 三木城跡本体から平井山まで、湯の山街道などをへて徒歩。参加者さん、よくぞ歩いてくださった。すごい。平井山ではやぐらが組まれていて、難なく三木城跡本体が見えた。とても工夫のされたこととやはり感心。

 ふもとの竹中半兵衛墓は、いつから認識されているのか気になった。今回の指定からも外されているし、当地にも来歴の解説がなかった。

 

|

« 安和の変をあるいた | トップページ | 将軍初参内に喜ぶ会津家臣 »