« 【見学】平相国清盛公六波羅の舘など | トップページ | 【座学】基礎からまなぶ日本歴史 »

2014.02.04

新選組隊士の出身地を知ることの意味

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 宮地正人さん「新選組の論じ方」久しぶりに読み直し(『新選組の論じ方』所収)。

 山崎蒸の位置づけ、興味深い。いまさらながら。問題意識をもって良質の史料を多数読む者は強い。

 なるほどそうすると、山崎蒸や河合耆三郎の出自を明らかにすることは意味のあることになる。

 山崎蒸が洛中壬生村の出身だと明らかにされた意義は大きい(万代修さん『新選組追究録』、新人物往来社、1998年)。

 河合耆三郎が播州高砂というのは、摂津昆陽や同高浜が出身地に近いという点で理屈が通る。

|

« 【見学】平相国清盛公六波羅の舘など | トップページ | 【座学】基礎からまなぶ日本歴史 »