« 12月25日の中村武生 | トップページ | 40余日ぶりの休み中 »

2013.12.28

吉田稔麿の人権意識

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 吉田稔麿に関する拙稿中の、同人の屠勇取立に対する意識について布引敏雄さんから批判がある(同氏『長州藩維新団-明治維新の水平軸』、解放出版社、2009年、67頁)。

 これに長く応ぜずにいたのだが、昨日の林屋辰三郎研究会のあとの懇親会での高橋昌明・山田邦和両博士との歓談中に思い出し、拙著『池田屋事件の研究』(講談社現代新書、2011年)に記したら良かったといまごろ気づく。惜しいことをした。

※拙稿とは、「吉田稔麿論-部落史及び明治維新史研究の視点から」(花園大学人権教育研究センター編『周縁世界の豊穣と再生』、批評社、2005年)で、その161ページです。

 

|

« 12月25日の中村武生 | トップページ | 40余日ぶりの休み中 »