« 中村武生のイベント更新 | トップページ | 2013年8月下旬の中村武生の日々 »

2013.08.28

最近の中村武生がらみのイベント

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

最近の中村武生がらみのイベントです。

<現地をあるいてみましょう> ※特に記載なければ講師はすべて中村武生。予約不要

「都名所図会」をあるく―平安城編

◎第12回<四条・五条河東の寺社・旧蹟>

9月2日(月)午前10時~12時ごろ

行き先予定:五条橋・晴明の社(跡)・十禅師社(跡)・若宮八幡・新善光寺御影堂(跡)・河原院(跡)など

集合:京阪清水五条改札、午前10時までに。小雨決行

◎次回(第14回)は、9月9日(月)の予定です。

 

御土居堀をあるく―都市に埋没した城壁・環濠の痕跡をさがす

 ※豊臣秀吉期に構築された京都の城壁・環濠の跡地を1周しています

本年9月14日(土)午後1時~3時

集合:「玄琢下」交差点南西かど(京都市北区大宮土居町)、午後1時までに。

※旧蹟地を西へ向かいます。同区大宮土居町の遺構に立ち入る予定はありません。  ○予約不要 ○小雨決行 ○参加費:千円(現地でお支払いください)

 

お気をつけください。変更しました!

「平安京の大路小路をあるく」

第7回 平安京の北はし、一条大路・その2

本年9月29日(日)午前10時~午前12時  ※15日ではありません。

集合:JR二条駅改札、午前10時までに

○小雨決行 ○参加費:千円(現地でお支払いください)

※大内裏跡の北端から、西京極大路との交点を目指し西へあるきます。

 

中村武生とあるくマニアな幕末史蹟めぐりA班(新選組コース)

元治甲子戦争(禁門の変)・その11<真木和泉らを追って天王山へ・その5>

本年9月22日(日)午後1時~3時ごろ(延長することがあります)

<コース>離宮八幡宮、宝積寺、真木和泉ら墓など<天王山に登ります>

<山崎天王山へ逃れた長州の軍事指導者真木和泉を会津・新選組が追撃しました。山本覚馬も参加していました。信用できる史料を使って可能な限り実際のルートをあるきます。>

集合:JR山崎駅改札、午後1時までに ※参加費2千円(当日お支払いください)

※定員20名、予約要(下記メールアドレスなどへご連絡ください)小雨決行

 その後は10月6日(日)、11月24日(日)の予定。

 

<室内でじっくりまなびましょう>

中村武生の基礎からまなぶ!日本歴史<現代史篇>

「日米安全保障条約-吉田茂内閣」

新聞に載った最近の日本史ニュースの解説も好評につき行います

日時:2013年9月3日(火)午後0時50分~2時 ※原則毎週火曜日

会場:キャンパスプラザ京都・4階第4講義室  ※原則同じ時間・会場です

(京都市下京区西洞院塩小路下ル東側。JR京都駅中央改札から西へ徒歩4分)

受講料:1回500円(会場でお支払いください)

今後は9月10日(火)《この日のみ午後4時30分から》、9月17日(火)、9月24日(火)、10月1日(火)、10月8日(火)です。

 

<おススメ!新講座 >少人数でまなぼう!基礎からの幕末史料

休日の午後基礎から幕末の史料を読みませんか

会員制・限定5名ていど <入会費不要、4回・1万円> 茶菓付

※少人数制ゆえ、細かな点までしっかり学べます。初心者、歓迎

まずは今年150年をむかえた、天誅組の乱を取り上げます

幕末最初の挙兵事件の実相をどこまでご存じですか?

※土佐参加者が多く、坂本龍馬も憧れたといえる同乱の実情をまなびましょう。

※体験受講、歓迎(千円)

日時:毎回:午後2時~夕方。9月16日(月・祝)、9月29日(日)、10月20日(日)、11月17日(日)、12月15日(日)。★第2回の9月29日は、旧暦では天誅組挙兵の日にあたります(文久3年8月17日=(1863年)。

会場:中村武生歴史地理研究室  

 

少人数でまなぼう!中村武生の歴史学入門  ※あとお1人です

開校中。原則毎週月曜日の午後2時から夕方まで

(8月は26日です。9月は2日・9日・18日<>・30日>)。

会員制・限定5名ていど <入会費不要、月額1万円> 茶菓付

※少人数制ゆえ、細かな点までしっかり学べます。初心者、歓迎

さまざまな試みをするつもりです。まずは教科書として、岡田章雄著『歴史をみる目』(私たちの日本史6巻<考え方としらべ方>、偕成社、1986年)を使っております。

今後は、①空中写真のみかた、②地形図読解、③くずし字をどう読むか、などをとりあげます。※体験受講、歓迎(千円)

会場:中村武生歴史地理研究室

 

坂本龍馬の歴史地理

《最終回》「龍馬の死と埋葬」

 日時:2013年9月8日(日)午後2時40分~3時50分

 会場:キャンパスプラザ京都5階第3・4演習室(行き方は上記)

 受講料:1回1,000円(会場でお支払いください)

 内容:龍馬殺害シーンと埋葬地霊明舎の具体を述べます。

 

《新講座》新選組の歴史地理(仮)―

土方歳三が、大政奉還の日にどこにいたか、答えられますか?

第1回「浪士組、上洛」

 日時:2013年10月27日(日)午後2時40分~3時50分

 会場:キャンパスプラザ京都5階第3・4演習室(行き方は上記)

 受講料:1回1,000円(会場でお支払いください)

次回以後は、11月10日(日)、12月8日(日)です。

 

中村武生のくずし字初級会

 「京都の徳川時代をしろう」 ※実際にくずし字を読む演習です

※徳川時代中期のデータブックといえる「京都覚書」の異本を読んでいますよ。初心者歓迎です。

日時:2013年9月21日(土)午後2時40分~4時40分ぐらい

会場:キャンパスプラザ京都・5階第3・4演習室(行き方は下記)

受講料:1回1,000円(会場でお支払いください)

持参するもの:鉛筆、けしごむ、原稿用紙、できれば『くずし字用例辞典』(東京堂出版)  今後は10月19日(土)(時間・場所は同じ)

.

 「中村武生とあるく戊辰戦争の会津」のお知らせ ※絶賛募集中

 日時:2013年10月12日(土)~14日(月・祝)<2泊3日>

 出発場所・時間:JR京都駅八条口、10月12日(土)午前6時30分バスで発ち、途中JR名古屋駅午前8時30分ごろ立ち寄ります。

 行き先(予定):<初日>磐越自動車道「会津若松」IC神指城跡如来堂(新選組殉節地碑)中野竹子殉節地碑会津若松ワシントンホテル

 <2日目>会津若松ワシントンホテル石筵口母成峠古戦場猪苗代城跡十六橋古戦場(戸ノ口原古戦場・強清水経由で新政府軍進攻ルート<ハイキングコース>をあるく)旧滝沢本陣昼食飯盛山(白虎隊士墓)鶴ヶ城跡と城下町散策(甲賀町口郭門、天寧寺町口土塁、土屋邸跡<田中土佐・神保内蔵助自刃地>、西郷頼母邸跡、萱野権兵衛邸跡、田中土佐邸跡、神保内蔵助・修理邸跡、山本覚馬・八重生家跡、西軍墓地、日新館跡、清水屋跡<吉田松陰・土方歳三宿泊地>、会津戊辰戦争終結の地表示板、萱野権兵衛殉節碑、阿弥陀寺(斎藤一墓)など<順不同>会津若松ワシントンホテル

 <3日目>会津若松ワシントンホテル城下町東郊地区(天寧寺、近藤勇墓、萱野権兵衛墓、国史蹟会津藩主松平家墓(容保など)、小田山砲台跡(西軍砲撃地)など)<午前11時ごろまで>磐越自動車道「会津若松」IC(帰路へ)

 

注意点:若松城跡は本丸・二ノ丸・北出丸などを歩きますが、天守内には立ち入りません。:2日目のハイキングコースは8・1キロメートル、通常1時間40分ていどの行程です。上りはほとんどありませんが、強清水から旧滝沢本陣までは急な下り坂です。徳川時代の未舗装道路ですので風情があるとはいえ、高齢者の膝や腰への強い負担が想定されます。充分な用意と介添者の協力を得てください。当主催者では便宜をはかれません。

帰着場所・予定時間:10月14日(月・祝)午後7時30分ごろ、JR名古屋駅。午後9時30分ごろ、JR京都駅八条口(渋滞その他で変動があります)。

参加費:55,000円ぐらい(昼食2、夕食2<飲み放題>、朝食2付き)通常では考えられない格安価格です。もちろん保険にも入っています。最低敢行人数:20人。

お部屋は1人部屋・2人部屋の両方を用意しています。2人部屋をお選びいただきますと1泊500円割引いたします。         ※希望者は以下へご連絡ください。

 

 

《速報》「文久3年から150年」紀念講演会(仮)

※本年は幕末の文久3年(1863)から150年目にあたります。

 新選組の結成、下関戦争、奇兵隊結成、薩英戦争、八月十八日政変(七卿落)、天誅組の乱、但馬生野の乱など多数の事件がありました。これらがおきた文久3年を考える、めずらしい講演会を行いたいと思います。

 日時:本年11月23日(土・祝)午後1時30分~4時30分ごろ

 場所:キャンパスプラザ京都(京都駅烏丸中央口から西へ徒歩4分)4階第4講義室

 内容:第1部講演:

  町田明広氏(神田外語大学)「八月十八日政変と薩摩藩」(仮)

  中村武生「坂本龍馬はなぜ新選組に入らなかったのか『浪士取立』の可能性を考える」(仮)

  第2部対談:文久3年をどう位置づけるか、町田明広氏と中村武生が語り合う。

 場所を変えて、第3部懇親会

 参加費・予約の有無など未定

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中村武生歴史地理研究室

  メール:shisekitai@nifty.com

|

« 中村武生のイベント更新 | トップページ | 2013年8月下旬の中村武生の日々 »