« 御礼! | トップページ | 【速報】文久3年から150年、紀念講演会(仮)を開催します »

2013.07.28

「坂本龍馬」の誕生の著者、知野文哉氏の講演会がありました

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

2013年7月27日(土)はれ

Photo

 『「坂本龍馬」の誕生』(人文書院、2013年2月)の著者、知野文哉氏の講演会が、午後、洛東霊明神社で行われた。

 「龍馬にもっとも近い場所で、ほんとうに龍馬がしたことを考える」というタイトルどおりのすごい内容だった。

 「船中八策」をここまで考えた講演が過去にあっただろうか。最後のオチが平尾道雄だったのは、実に思い入れが深かった。

 そう、「船中八策」の物語を現在知られるように確定したのは、坂崎紫瀾でも岩崎鏡川でもなく、平尾道雄だった。うーん。

 参加者は40名ていど。青山忠正先生(佛教大学)をはじめ、奈良岡聡智さん(京都大学)など高名な研究者が多くおこしだった。知野さんのお仕事への注目度の高さを感じた。

 くわえて知野氏所蔵の逸品が多数公開された。

 明治天皇皇后一条美子が閲覧したと思われる、坂本龍馬伝の原稿そのものがあった。さすがに驚いた。これらを参加者は気軽にふれることが許されていた。

 まけじと(いえ勝てませんけど)、中村武生も私蔵の公文菊僊画の龍馬肖像画を持ちこんだ。

 2004年の花園大学歴史博物館の幕末展の初出品から全く未公開だった。

 霊明神社神殿の真横という最高の場所で、最高の龍馬論を聴けたわが龍馬像はとても幸せ者であった

※(同社神殿は龍馬の御霊の場所。京都霊山護国神社や靖国神社などの御霊はここからの分祀)。

2

|

« 御礼! | トップページ | 【速報】文久3年から150年、紀念講演会(仮)を開催します »