« 聚楽城とあじさい | トップページ | 聚楽城・ハイジ・美女か野獣 »

2013.06.26

西本願寺から龍安寺へ行って京都駅に戻ってくる

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

6月25日(火)はれ

 昨日と同じく、町田市からこられた朝日アウトドア講座の方々を案内する。

 午前8時、西本願寺集合。まるまる2時間、境内をあるきまわる。午前10時すぎ、バスで龍安寺へ向かう。二号車に乗って、通過する場所の旧蹟紹介をひたすらする。

 大宮通を北、五条通を西、西大路通を北、上立売通を西、馬代通を北、きぬかけ道を西。しょっちゅう、洛中に入った、いま洛外だ、でも平安京では右京地区だとかいいつづける。

 龍安寺鏡容池前で解説。細川勝元ゆかりの地はあたりまえなので、織田信長一族との濃厚な関係をつよく指摘。

 11時15分ごろ、朝日アウトドアの方々と分かれ京都駅に向かう。基礎からまなぶ日本歴史に出講のため。本日は「御堂関白記」の世界記憶遺産登録へのコメントがながびく。本題は、現代史・第一次吉田茂内閣に入る。労働関係調整法と自作農創設特別措置法ぐらいで終わった。

 終了後、K畑さんとM本さんと川端松原でお好み焼き。そののち四条河原町へ出て、T島屋でカバンを購入。またブックオフ三条京阪店で拙著『中村武生とあるく洛中洛外』(京都新聞出版センター)をみた。

|

« 聚楽城とあじさい | トップページ | 聚楽城・ハイジ・美女か野獣 »