« 【見学会】聚楽城(聚楽第)の武家地はどこにあったのか―大名屋敷跡をあるく | トップページ | 明日です。次回の基礎からまなぶ日本歴史 »

2013.06.09

【旅行】戊辰戦争の会津、中村武生とあるく

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 中村武生とあるく戊辰戦争の会津(仮)を企画しています。

 かなり具体化してきました。以下の方向で検討しています。あくまで仮のこととして示しますので参考にしてください。

 日時:2013年10月12日(土)~14(月・祝)<2泊3日>

 出発場所・時間:JR京都駅八条口、10月12日(土)午前6時30分バスで発ち、途中JR名古屋駅午前8時30分ごろ立ち寄ります。

 行き先(予定):<初日>磐越自動車道「会津若松」IC→神指城跡→如来堂(新選組殉節地碑)→中野竹子殉節地碑→会津若松ワシントンホテル

 <2日目>会津若松ワシントンホテル→石筵口→母成峠古戦場→猪苗代城跡→十六橋古戦場(戸ノ口原古戦場・強清水経由で新政府軍進攻ルート<ハイキングコース>をあるく)→旧滝沢本陣→昼食→飯盛山(白虎隊士墓)→鶴ヶ城跡と城下町散策(甲賀町口郭門、天寧寺町土塁、土屋邸跡<田中土佐・神保内蔵助自刃地>、西郷頼母邸跡、萱野権兵衛邸跡、田中土佐邸跡、神保内蔵助・修理邸跡、山本覚馬・八重生家跡、西軍墓地、日新館跡、清水屋跡<吉田松陰・土方歳三宿泊地>、会津戊辰戦争終結の地表示板、萱野権兵衛殉節碑、阿弥陀寺(斎藤一墓)など<順不同>)→会津若松ワシントンホテル

 <3日目>会津若松ワシントンホテル→城下町東郊地区(天寧寺、近藤勇墓、萱野権兵衛墓、国史蹟会津藩主松平家墓(容保など)、小田山砲台跡(西軍砲撃地)など)<午前11時ごろまで>→磐越自動車道「会津若松」IC(帰路へ)

※注意点①:若松城跡は本丸・二ノ丸・北出丸などを歩きますが、天守内には立ち入りません。

  注意点②:2日目のハイキングコースは8・1キロメートル、通常1時間40分ていどの行程です。上りはほとんどありませんが、強清水から旧滝沢本陣までは急な下り坂です。徳川時代の未舗装道路ですので風情があるとはいえ、高齢者の膝や腰への強い負担が想定されます。充分な用意と介添者の協力を得てください。当主催者では便宜をはかれません。

帰着場所・予定時間:10月14日(月・祝)午後7時30分ごろ、JR名古屋駅。午後9時30分ごろ、JR京都駅八条口(渋滞その他で変動があります)。

 参加費:55,000円ぐらい(昼食2、夕食2<飲み放題>、朝食2付き)※通常では考えられない格安価格です。もちろん保険にも入っています。

 最低敢行人数:20人

 ※まもなく募集をはじめます。いましばらくお待ちください。

 主催:中村武生歴史地理研究室(協力:京都新聞旅行センター)

|

« 【見学会】聚楽城(聚楽第)の武家地はどこにあったのか―大名屋敷跡をあるく | トップページ | 明日です。次回の基礎からまなぶ日本歴史 »