« 【講座】中村武生のくずし字初級会のご案内 | トップページ | 平野国臣・古高俊太郎ら斬殺事件をあるいた »

2013.05.25

幕末会津家臣本多四郎日記を読み始める

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

 2013年5月24日(金)

 幕末会津家臣、本多四郎(行忠、京都常詰御本隊御先備甲士勤<『慶応年間会津藩士人名録』、勉強堂書店、197ページ>)の日記(世話集聞記、現存全8冊、文久3年1月~慶応2年5月<欠あり>、国立公文書館蔵本)を読み始める。

 まだ冒頭文久3年1月1日~2日(1863)。でもいろいろ気づく。

 国立公文書館のほか、山口県文書館に写本がある。いずれも1878年(明治11)11月、本多四郎の兄小野権之丞所蔵本から筆写したもの(奥付、もしくはそれぞれの館のホームページの書誌情報)。

 その小野権之丞所蔵原本はいまどこにあるのだろう。行方不明。でも大日本維新史料稿本(東京大学史料編纂所データベース)の文久3年1月2日条(会津侯松平容保が天杯と御衣を賜る)をみると、ある時期「原本」は、渋沢家が所有していたとある。

 もう少し書誌的なことにもこだわっておきたいところ。しばらくお付き合いするのだから。

|

« 【講座】中村武生のくずし字初級会のご案内 | トップページ | 平野国臣・古高俊太郎ら斬殺事件をあるいた »