« 陵墓と機密の一日 | トップページ | 【講座】龍馬の歴史地理、大政奉還を聞いた場所 »

2013.04.26

新選組が探知した20ヶ所候補をあるいた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

4月25日(木)はれ

 京都新聞文化センターの巡検に出講。会津と新選組講座の「池田屋事件」。

 いつもとちがうことをした。池田屋をふくむ、一会桑・奉行所・新選組らが襲撃したことが確実な場所(あるいは長州がアジトに使っていたことが確実な場所)を訪ねるというもの。新選組は池田屋襲撃当日までに二十カ所のあやしい場所を確認できていた。その候補地をあるくというわけ。コースは以下。

 京都新聞文化センター→大黒屋今井太郎右衛門邸跡→水口加藤家の「高倉の下陣」跡(安東鉄馬居所)→俵屋清兵衛の居所→(明治時代の大黒屋今井太郎右衛門邸跡、古聖堂跡)→河原町長州屋敷跡→対馬屋敷跡→池田屋跡→豊後屋跡→三縁寺跡碑→小川亭跡→魚品跡(木村甚五郎逮捕地)→祇園中の町(近江屋きん方跡)→宮川町一丁目(近江屋まさ方跡・吉岡庄祐終焉地)→宮川町二丁目(小倉生満方跡、佐藤一郎逮捕地)

泉屋重助方跡、丹波屋次郎兵衛方跡、桝屋喜右衛門(古高俊太郎)方跡に行き損ねた。さらに可能なら曙(明保野)亭跡、水口加藤家の「瓦町の下陣」(瓦屋五郎兵衛方、坂本龍馬・北添佶摩居所)跡にまで行きたかったが、タイムオーバー。

 終了後は、松原通の「水茶屋」で一部の受講者と懇親。

|

« 陵墓と機密の一日 | トップページ | 【講座】龍馬の歴史地理、大政奉還を聞いた場所 »