« 水谷憲二さんから玉稿を賜る | トップページ | レポートに関する問い合わせについて »

2012.12.27

待望書「坂本龍馬」の誕生―船中八策と坂崎紫瀾、まもなく

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。

『「坂本龍馬」の誕生―船中八策と坂崎紫瀾』(知野文哉、人文書院)、ついに来月下旬にでるという報を得る。

 待望の書である。これを読まずに「龍馬」は絶対に語れない。

「船中八策」というフィクションの誕生過程が明らかになる。龍馬は新政府に入る気満々だった。龍馬は土佐山内家の参政になっていた?とか。

 僕が述べたかった「龍馬」が抱合されて、当然余りある中身です。

 正直僕も書きたかった。が、著者知野文哉氏ほどの情報を持ち得なかった。

 2,600円+税。予約受付中。

以下目次

はじめに

第一章 「船中八策」の物語
 第一節 龍馬は本当に大政奉還派なのか?
 第二節 「船中八策」テキストの成立
 第三節 「船中八策」という名前の誕生
 第四節 「船中八策」用語の検討
 第五節 「建議案十一箇条」とは何か

第二章 土佐勤王党の物語――坂崎紫瀾「汗血千里の駒」
 第一節 坂崎紫瀾
 第二節 土佐勤王党三部作を読む
   第一項 「南の海血しほの曙」
   第二項 「汗血千里の駒」
   第三項 「南山皇旗之魁」

第三章 瑞山会の物語――瑞山会編「坂本龍馬傳艸稿」
 第一節 皇后が読んだ龍馬伝
 第二節 瑞山会『坂本龍馬傳』の成立
 第三節 『坂本龍馬傳艸稿』を読む
   第一項 龍馬脱藩
   第二項 新官制擬定書
   第三項 龍馬暗殺

おわりに



参考文献一覧

巻末表
①『南の海血しほの曙』各回内容
②明治年間に出版された『汗血千里の駒』
③『汗血千里駒』各回内容
④『坂本龍馬傳艸稿』引用史料

人名索引
さらに詳しくは↓

|

« 水谷憲二さんから玉稿を賜る | トップページ | レポートに関する問い合わせについて »