« 山科本願寺・寺内町遺跡、現地説明会のお知らせ | トップページ | 【見学】都名所図会をあるく、宇治郡・久世郡編 »

2012.09.03

新選組はなぜ壬生寺で「迷惑」行為をしたか

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 去る9月1日(土)、栄中日文化センター(名古屋市中区)の新選組講座があった。

 今回強く指摘したのは、第二次行軍録による新選組の大・小銃隊の存在である。

 小島政孝さんによれば、大銃隊は大砲隊なのだそうだ。たしかに大砲は、西本願寺や壬生寺の境内の調練で使用している。新選組を剣客集団とのみ解するは誤りといえる。

 行軍録も長州再征を想定している。むしろ実戦前なのに、安政3年(1856)~4年の公議のように、京都近郊の山城国宇治郡御陵村や久世河原(久世郡)など平野を使用できず、寺院境内で甘んじなければならない彼らの不自由さを考えてやるべき。

 本講座は新選組を幕末史のになかに位置づける試みで、もう10月から4期に入る。

|

« 山科本願寺・寺内町遺跡、現地説明会のお知らせ | トップページ | 【見学】都名所図会をあるく、宇治郡・久世郡編 »