« 上七軒大文字に仕込みさん来る | トップページ | 龍馬が最後に会ったひとり板倉筑前介の店の引札 »

2012.04.03

都名所図会、伏見をあるいた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします

「都名所図会」をあるく<伏見編>終わる。本日は立売、伏見殿跡(伝承地)、開元寺跡(界隈)、「山ノ天神」=桃山天満宮跡、現龍雲寺、龍雲寺旧地、旧伏見桃山キャッスルランド、伏見城北堀跡の南を通って紅雪池(遠望、立ち入れない)。六地蔵村に出る。すでに帰宅済み。F林武さんの名調子がありました。

 伏見殿跡伝承地(伏見区桃山町泰長老)で、伏見宮家(および伏見殿)の歴史的意義を話した。その際、同家出身の後花園上皇(中世)を、閑院宮家出身(近世)の光格天皇と対比してみた。いずれも傍流からの践祚(のちその家が正統になる)。コンプレックスのかたまりみたいな僕ゆえの話。正しい評価かどうかはわからない。

|

« 上七軒大文字に仕込みさん来る | トップページ | 龍馬が最後に会ったひとり板倉筑前介の店の引札 »