« 【講座】坂本龍馬の歴史地理 | トップページ | 【現地説明会】法住寺殿跡の南限 »

2012.03.02

【御礼】関ケ原と中世の「道」の2玉著

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

以下の玉著を恵贈いただきました。あつく御礼申し上げます。

○桐野作人さんより

一、同氏『謎解き関ケ原合戦』、アスキー新書、2012年2月、762円+税

※本書は2000年に刊行された『真説関ケ原合戦』の補筆改訂版です。同書は関ケ原合戦の「いま」を学ぶ上で、僕のバイブルのひとつでした。それに大幅に新しい成果やご見解を加えておられます。関ケ原合戦をまなぶ者必須の著作といえます。

○高橋慎一朗さんより

一、同氏『武士の掟―「道」をめぐる鎌倉・戦国武士たちの戦い』、新人物往来社、2012年2月、1600円+税

※本書はサブタイトルにあるように、中世の「道」を取り上げられた著作です。歴史地理をしているため「道」にはたいへん関心があります。道路を武家政府はいかに管理したか。庶民はいかに道路をめぐって日常生活を送ったか、いちいち挙げられないが実にたいへん楽しい本です。僕も可能であれば、死ぬまでに「京都の道」について書いてみたいと思ってきたが、とてもよい刺激をいただいた。

|

« 【講座】坂本龍馬の歴史地理 | トップページ | 【現地説明会】法住寺殿跡の南限 »