« 【御礼】関ケ原と中世の「道」の2玉著 | トップページ | すばらしい京都古地図集が安価で出ている »

2012.03.05

【現地説明会】法住寺殿跡の南限

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 (財)京都市埋蔵文化財研究所から以下のご連絡をいただきました。後白河法皇の宮殿「法住寺殿」跡の南限地域です。実にタイムリーですね。

各位

㈶京都市埋蔵文化財研究では今年1月より法住寺殿跡

(元京都市立一橋小学校)において発掘調査を実施

しています。

その結果、法住寺殿最勝光院のものとみられる、

平安時代後期の整地層や建物基壇跡及び整地層下層

で大規模な濠跡を発見しました。

つきましては、発掘調査現地説明会を下記のとおり

開催いたしますので、お知らせします。

           記

1.日時:2012310日(土)午前10時から11

(当日午前7時現在、京都府南部に気象警報が発令されている場合は中止)

2.場所:京都市東山区本町通10丁目下池田町(元京都市立一橋小学校)

3.問合せ先:現場事務所 Tel.080-5325-5851(当日のみ)

4.交通:JR・京阪電車「東福寺」駅から北北東約300m

     市バス「泉涌寺道」から(泉涌寺道を)東北東約200m

です。

なお、詳細は当研究所HP

http://www.kyoto-arc.or.jp/

にてご確認下さい。

                  ㈶京都市埋蔵文化財研究所

|

« 【御礼】関ケ原と中世の「道」の2玉著 | トップページ | すばらしい京都古地図集が安価で出ている »