« 2月5日~6日の中村武生 | トップページ | 2月10日~12日の中村武生 »

2012.02.15

2月7日~9日の中村武生

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

2/7(火)

 基礎からまなぶ!日本歴史に出講。本日は、明治の兵制改革。大村益次郎殺害、4鎮台のこと、徴兵令のことなど。時事ネタは、北方領土の日(本日)と豊臣秀吉の誕生日の件。今年は北方領土の日のテレビCM(政府広報)無かったんじゃないか。

 終了後、NPO法人京都歴史地理同考会の理事会。今年の建碑予定地が話題になり、終了後視察に行く。さてどうなるか。

 視察後、京都駅前で懇親会。キリン一番搾りを出すお好み焼き店。味もよかった。一番搾り難民にはありがたい店。また使う。

 夜、横田健一先生(関西大学名誉教授)の長逝を知る。大好きな先生のひとりでした。1学年上のゼミの伊勢旅行に無理にお願いして連れて行っていただきました。ほかにも私的なイベントにご出席を賜りました。少なくない想い出があります。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2/8(水)

 雪が降る。お嬢さんを外に連れ出し雪をかぶらせたが、無反応だった。

 くずし字入門に出講。いつもの幕末大仏御殿(妙法院)家来日記。本日は文久3年10月1日~4日(1863年)。

 前回同様、天誅組情報が多い。彦根井伊家が首級6つを取った、その首は那須信吾・宍戸弥四郎らである、9月25日に乱が「平定」され、中山忠光が「没落」した、大坂長州屋敷に浪士が逃げ込んだが、来ていないと答えたなど。

 これに対して土佐の山内兵之助(豊積、容堂の実弟)が大坂にいたため、(戦闘)用意として甲胄百領を大仏内智積院(「智門」)から送ったらしい。興味深い。

 事実なら土佐は中山忠光の身柄を巡って長州と一戦するつもりだったことになる。まあ誤報だろう。なお智積院は当時の山内兵之助の居所だった。

 本日、武井咲さんの等身大(爽健美茶、やや小)が届けられ、某所に安置された。

 地下鉄駅で近所のKさんにばったり会い、南山科地区の歴史編纂が話題になる。

 夜、横田健一先生の前夜式(キリスト教)に出席。おごそかでした。帰宅して奥さんに横田先生の想い出話をたくさんする。

2/9(木)はれ

 京都新聞文化センターに出講。保元の乱。角田文衛博士の白河と待賢門院の密通説でもりあがる。座学なのに巡検もした。その密通ゆかりの地。鳥羽の内裏(土御門殿)跡と、白河の院御所(正親町殿)跡。

 終了後、受講者の一部と懇親する。

 夜、美川圭さん「崇徳院生誕問題の歴史的背景」(『古代文化』56巻10号、2004年)を読みなおした。

|

« 2月5日~6日の中村武生 | トップページ | 2月10日~12日の中村武生 »