« 【寄贈】『鴨の流れ』第15号 | トップページ | 2月7日~9日の中村武生 »

2012.02.12

2月5日~6日の中村武生

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

2月5日(日)

 めずらしく外勤がないので、内勤に徹する。

2月6日(月)小雨

 秀吉の誕生日とされる日。

 誕生日を天文6年2月6日(1537年)とするのは、「関白任官記」の「誕生の年月を算ふるに、丁酉二月六日吉辰なり」が根拠である。

 が、北野神前に供えた慶長2年3月1日(1597年)銘の燈篭に「御歳丙申為御祈祷也」とあるのも無視できないのではないか(北野天満宮蔵、『京都古銘聚記』)。

 丙申は天文5年(1536年)にあたる。

 都名所図会をあるく(宇治郡山科・醍醐編)に出講。天気が悪くともちゃんと参加者がある。六地蔵村から伏見町へ向かう。ほんとうは木幡に向かいたかったのだが。

 大善寺、月橋院を参拝。大善寺にことのほかゆっくりいた。見るべきものいっぱい。

 さらに月橋院。伏見殿や指月伏見城、伏見宮と般舟院の由緒を語った。この地の意義深さがほとんど理解されていない。なんともったいない。先日消失した洛中の般舟院とからめて。

 豊後橋(観月橋)前で既知の方に出会い、伏見徳川秀忠邸の位置について質問され驚く。電車1本乗り遅れた。ゆえに橋北詰の明治天皇聖蹟碑でしばらく遊ぶ。

 天理大学に行かなくてよいので、六地蔵村にもどって家族に昼食を買って帰った。このあとは内勤。

|

« 【寄贈】『鴨の流れ』第15号 | トップページ | 2月7日~9日の中村武生 »