« 花山天皇陵ゆかりの法音寺を知った | トップページ | 【お知らせ】御土居堀跡をあるく »

2012.01.20

日記の記述がひと月ずれていた!

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。
 
 

「中村武生のくずし字入門」に出講。

いつもの「大仏御殿妙法院家臣幕末日記」(仮称)を読む。たいへんな誤解にきづく。

冒頭に8月5日夜とある。天誅組の乱の記載などがあるため、文久3年(1863)と判断した。それに誤りはない。

 が、月が誤りだった。8月ではなかった。9月だった。それにきづいて疑問が氷解する。

 妙法院日記を使用された、村山修一氏『皇族寺院変革史』の七卿落の部分によれば、文久3819(1863)に山田筑後守が有栖川宮邸に行っている(塙書房、2000年、638)

 ところが前掲「幕末日記」の「文久3819日」条にそんな記事はない(記主は山田筑後守)。不思議であったが謎はとけた。そう、つまりこれは「文久3919日」条だったのだ。載っていなくて当然だ。

 ほかにもいろいろおかしな点があったのだが、ひと月ずれていると知れば、(たぶん)すべて謎が解ける。もう一度見直しだ。

 そののち大谷大学の講義に行く(歴史地理学という科目)。本年度最終日だった。平成の「寺田屋騒動」を論ずる。史蹟論の一環であるが、1880年(明治13年)に廃業した寺田屋が、なぜ26年後の1906年に再開するのか、これは伏見の地域論に使える。これだけでも歴史地理学的である。

さらに旧葛野郡上桂庄に行き、1時間30分ほど滞在して、旧宇治郡山科郷に帰る。

|

« 花山天皇陵ゆかりの法音寺を知った | トップページ | 【お知らせ】御土居堀跡をあるく »