« 幕末大坂のある寺を探しています | トップページ | マニアな新選組現地講座のご案内 »

2011.08.25

片桐且元の責任

 本日は京都新聞文化センターに出講。

 「江」講座。豊臣家滅亡と三姉妹。

 大坂の役において、茶々・初・江、そして高台院がどう動いたかを論じた。

 大坂の役開戦の直接原因は、片桐且元の大坂城退去・茨木籠城である。片桐且元の責任がかなり大きいことを述べた。茶々の信頼にこたえなかった。茶々は多数の神仏に誓ったのに出仕せず、退城した。

 片桐且元は秀頼・茶々の死後、まもなく死ぬ。自殺かと思いたくなるほど直後である。自殺ではないので、やっぱりショックだったのだろうと思う。まさか滅亡するまでは思わなかったのではないか。

 ちなみに亡くなったのは京都である。烏丸三条西入ルの邸宅である。

|

« 幕末大坂のある寺を探しています | トップページ | マニアな新選組現地講座のご案内 »