« 豊臣秀頼と京都を論ずる | トップページ | 池田屋戦死者墓跡の碑、みやすくなる »

2011.08.11

秀頼最後の上洛を考えた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 京都新聞文化センター講座終わる。豊臣秀頼論。
 東京芸術大学蔵や養源院蔵の秀頼像の真偽について考えた。
 秀頼の最後の上洛がどういうものであったか、「当代記」も含めて検討。
 復元してみると、NHK大河ドラマ「葵―徳川三代」のこのシーンは、信用できる史料に厳密に描いていないことがわかる。家康が秀頼に盃を与えたり、満場「万歳」を述べるシーンはない。
 上洛ルートの復元も試みる。
 加藤清正や浅野幸長は淀へ迎えにきているし、徳川義直らは上鳥羽である。これすなわち鳥羽街道を進んだことになる。
 だから本多正純がいう、「竹田通」(竹田街道)を通ったというのは誤りと断定した。これを地図上にマーキングしてもらった。
 おそらく東寺門前、四塚から洛中に入り(惣構の土塁・堀を通り)、堀川を北上すれば、二条城東門にたっする。
 
 そのとき言わなかったのだが、どうしてこのとき秀頼は参内しなかったのだろう。前右大臣なのに。なにかわけがあるはずである。朝廷に対して失礼だし。それがわからない。

|

« 豊臣秀頼と京都を論ずる | トップページ | 池田屋戦死者墓跡の碑、みやすくなる »