« 縄文時代をかたる | トップページ | 楢崎龍の誕生日は6月6日でよいか »

2011.06.05

池田屋事件戦死者祥忌法要に参加した

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします 

 昨日、左京区岩倉花園町三縁寺で、例年の池田屋事件戦死者祥忌法要が行われた。

 近年例をみない、約30名もおこしになった。ほとんど中村武生の受講者か、京都龍馬会メンバーだった。ありがたいこと。遠くは名古屋市、横浜市などからご参加だった。みなさまに感謝いたします。

 石田孝喜先生が2年ぶりにおこしになる。本年87歳(1924年=大正13年生まれ)、実にお元気でした(奥様が本年1月に亡くなられている)。

 大高忠兵衛子孫の大高勝美さんも例年のごとくお越しで、今年は拙著のからみもあるので(お送りしたい)、少しお話をさせていただいた。

 来年の6月4日は日曜日なので、もっとお越しくださることだろう。

 昨年住職が交代した。新住職になられて2回目の法要。今回、読経が実に評判がよかった。

 京都新聞記者(仲屋聡さん)が取材にこられていた。6月8日(水)か9日(木)の紙面に載せていただける由です。

|

« 縄文時代をかたる | トップページ | 楢崎龍の誕生日は6月6日でよいか »