« 維新史学会2日目 | トップページ | 高著・玉稿を賜りました »

2011.06.13

池田屋事件いろいろやってきた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

 池田屋事件おおづめで、発見があいついでいます。

 おもしろいですね。やってくるのですね。

 大高又次郎と藤崎八郎の埋葬地、さがしてました。記したものがありました。正しいかどうかはこれからです。しかしこれまでまったく知られてなかったものですから、意義はとても深い。

 大高もよくわかりませんでしたが、兄が大高の播磨林田での身分まで記していました。実態がわかります。

 西川耕蔵の店の主家の子孫の妻が、西川太治郎に語っていました。夫が深い関係にあったこと、西川の娘のめんどうをみていたことなど、ほんとうかうたがってました。その人の上申書がありました。ほんとうだったのです。ばかにできません。

 拙著に活かせるかはともかく、心は豊かです。なにもわからなかったのが、とてもよくわかってきました。

 池田屋事件ってなんだったのか、やっとわかってきた気がします。うれしいです。

|

« 維新史学会2日目 | トップページ | 高著・玉稿を賜りました »