« 吉村昭『三陸海岸大津波』を読んだ | トップページ | 連載はしんどいよ »

2011.05.03

浪士組上洛ルートをあるいた

※人気ブログランキングの順位の上昇にご協力ください。恐縮ですが、ご覧になられましたら右側の「人気ブログランキング」の部分をクリックしてください。どうかよろしくお願いいたします。

5月1日(日)あめときどきくもり

Dcf_1115

 中村武生とあるく幕末マニア巡検、第1回。

 浪士組(のち一部、新選組になる)上洛ルートをあるく。近江武佐宿(現滋賀県近江八幡氏)から鏡宿まで。実に楽しかった。

 旧武佐宿に、享保年間の象が通ったという表示があって驚いた。関心がうすいのは京都だけなのですね。東京には象小屋跡の表示もありますのに。

 それにしてもよくあるきました。健脚向きですから。

 次回は5月22日(日)です。大津から山科まであるきます。参加希望者はメールください。若干名でしたらまだ可能です。

|

« 吉村昭『三陸海岸大津波』を読んだ | トップページ | 連載はしんどいよ »